PICK UP
CLOSE
1965年

渋谷東急ビルをオープン。
画期的な「区分地上権」を設定したことが話題に。

ショッピングとオフィスの複合ビルとして竣工した渋谷東急ビルは、地主が3名であったために、東急不動産は他の所有者の建築物の上空に各々「区分地上権」を設定し、共同ビルとして建築したのですが、当時としては画期的なビル建設の形態でした。当ビルの完成は、渋谷駅周辺の整備に大きく寄与しました。

現在の東急プラザ 渋谷