• Access
老朽化住宅の建替え

社会課題に取り組む No. 005 老朽化住宅の建替え

近年、老朽化した集合住宅の建替え需要が高まっています。こうしたニーズに対して、私たちは地域密着型マンションとしての再生に取り組んでいます。地域の防災拠点やコミュニティー形成を図る憩いの場を創出するなど、住まう人のニーズに合わせた快適な生活の場を提供しています。

住民全員が安心して住み続けられる暮らし

ブランズ二子玉川

近年、都市部における老朽マンションの建替えが社会問題として浮上しているなか、「ブランズ二子玉川」は、建替え事業として大きな理想とする「住民全員の同意」を得て誕生した17階建て、全110戸の分譲マンションです。
計画地は二子玉川駅から徒歩3分、南西正面に多摩川・富士山を望む絶好のロケーションでしたが、従前建物が築30年以上を経て老朽化しており、耐震性や水害への不安に直面していました。
私たちは、住民と一体となり議論を重ね、ロケーションの恩恵を最大限に享受できる建物計画や安心・安全のための免震構造などの先進技術について、住民目線での提案を行い、事業パートナーとして新旧の住民全員が安心して住み続けられる暮らしを実現しました。(2015年グッドデザイン賞受賞)

地域に根ざした環境配慮型の集合住宅へ

ブランズシティ港南台うぐいすの杜

計画的な宅地開発が行われてきた横浜市港南区港南台は、居住環境に優れた人気の高いエリアでしたが、街開きから35年余りが経過し、すでに円熟期を迎えていました。
私たちは地権者とともに、港南台うぐいす住宅を建替え、2011年、地域の防災拠点やコミュニティー形成が図れる地域密着マンションとして再生させました。
新しく生まれ変わった「ブランズシティ港南台うぐいすの杜」は、地域の防災拠点としての役割を担っています。居住者の憩いの場である屋上庭園には、テントを設営できるスペースを設け、災害時に避難スペースとして利用。そのほか、近隣の住民の皆さまにもご利用いただける集会室を設けるなど、私たちは「街の安心と安全を守りたい」という切なる願いで、地域貢献に努めています。