ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成20年3月19日
~JR「桑園」駅前に誕生する全153戸のツインレジデンス~
「BRANZ(ブランズ)札幌桑園駅前」の販売を開始

東急不動産株式会社
東京建物株式会社

 東急不動産㈱(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植木正威)、東京建物㈱(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中誠)は、JR函館本線「桑園」駅から徒歩1分の立地に開発中の大規模マンション「BRANZ札幌桑園駅前」の第一期販売を、平成20年3月22日より開始しますのでお知らせ致します。

 「BRANZ札幌桑園駅前」は、駅前という立地の良さや、北海道内で初めて緊急地震速報システムを採用したマンション(※)として話題を集めておりましたが、北海道新幹線の整備計画(着工未認可)における高架橋等の構築物が本物件に抵触する可能性があることが判明したため、販売を一旦中止し、新幹線が通過すると想定される敷地部分を避けた形で計画を見直しました。
(※ 平成19年8月28日 住宅流通研究所調べ)

 この度は、「BRANZ札幌桑園駅前」の中でも、「桑園」駅により近い「BRANZ札幌桑園駅前イースト」の販売になります。なお、物件の設備や住戸内の仕上げ等については変更せず、価格については、販売を一旦中止する前とほぼ変更せずに、販売を行う予定です。詳しい物件の特徴や、概要については、以下をご参照ください。


■「BRANZ札幌桑園駅前」の特徴

1.JR「札幌」駅より1駅、目覚しい発展を遂げるエリア「桑園」
 本マンションが位置する桑園エリアは、「札幌」駅から1.5km圏内に位置し、「札幌」駅より一駅の都会性だけでなく、近隣には大型スーパー「イオン札幌桑園ショッピングセンター」や、「市立札幌病院」「桑園中央病院」などの医療機関、金融機関等を備えた生活利便性と、緑豊かな環境を併せ持つ地区として注目を集めているエリアです。

2.JR「桑園」駅徒歩1分に誕生する新たなランドマーク
 本マンションは、都心周辺地区の拠点にふさわしい新たなランドマークとなるファサードデザインと、ゆとりと潤いのある空間の創出を目的として、まちづくりに多くの実績を持つ建築家 南條 洋雄氏、吉田 慎吾氏をデザイン監修に起用し、マスタープランを作成しています。
 ガラスやホワイトのマリオンを用いた都会的でシャープな印象を持つ建物表層部分と、異なるボリュームを持つツインレジデンスの重層的なファサード構成が、駅前の新たなランドマークとして、誕生します。また、本マンション敷地内には、駅前広場と一体的に、ソメイヨシノやエゾヤマザクラを配した広場や歩道上空地を整備。ゆとりある空間を創出すると同時に、春にはひときわ華やかに歩行者をお迎えします。

3.分譲マンションに緊急地震速報システムを採用
 緊急地震速報システムとは、地震発生直後に観測される初期微動(P波)の波形を解析し、数秒後に発表される情報を建物に設置した“緊急地震速報受信装置”がキャッチし、建物の予測震度、大きな揺れが到達するまでの時間を予測し、インターホンケーブルを通じて各住戸へ音声通報するものです。(※1)
平成15年に起きた十勝沖地震では、負傷原因の約5割が家具類の移動・転倒によるものと推計されています(※2)。当システムの導入により、地震発生までの時間で、比較的安全な空間に移動することなど、安全性確保を喚起します。
(※1 音声通報は事前通報を保証するものではなく、誤報の可能性通報が間に合わない場合があります)
(※2 東京消防庁・防災部防災課 平成16年9月発表資料より抜粋)

4.暮らしの安全を守るセキュリティシステムや快適性を増す設備の導入
 お客様全てに安心を提供するセキュリティシステムとして、セントラル警備保障の「安心部屋」を採用。各住居における火災や非常、ガス漏れ、防犯、障害などといった異常信号が何号室で発生しているか、戸別に監視するサービスで住戸内の異常に24時間365日体制で対応します。また、各住戸には、生ゴミをその都度処理することのできる「ディスポーザ」や、浴室でいつでもリラックスできる「ミスト一体型浴室暖房乾燥機」、防音に効果のある「二重サッシ」や、室内の汚れた空気と新鮮な外気を熱交換しながら入れ替える「熱交換型換気システム」等を標準装備。満ち足りた都心の暮らしを実感することができる、安全性・快適性を追求した住戸設計です。


俯瞰CGパース(JRタワーと本物件)


俯瞰CGパース(JRタワーと本物件)


イースト外観CGパース(JR桑園駅と本物件)


イースト外観CGパース(JR桑園駅と本物件)



【BRANZ札幌桑園駅前物件概要】

■計画変更後の概要
所在地 札幌市中央区北10条西15丁目1-4、1-15
土地面積 3,703.26m²
構造・規模 RC造 地上15階地下1階建
専有面積 79.13m²~104.39m²
間取り 3LDK~4LDK(予定)
事業主 東急不動産(株)(60%)・東京建物(株)(40%)
  イースト ウエスト
交通 JR函館本線「桑園」駅 徒歩1分 JR函館本線「桑園」駅 徒歩2分
総戸数 84戸(他、事業協力者用店舗3戸有) 69戸(他、事業協力者用店舗1戸有)
入居予定 平成21年8月 平成21年10月
※計画変更建築確認の情報です。建築確認取得済みの変更前の概要については、下記をご参照下さい。

■第一期販売の概要
販売開始 平成20年3月22日(土)
販売戸数 イースト:40戸
販売価格 2,790万円~4,490万円(最多価格帯2,800万円台)

※参考:計画変更前の概要(変更箇所のみ)
土地面積 4,343.94m²
  イースト ウエスト
総戸数 98戸(他、事業協力者用店舗3戸有) 83戸(他、事業協力者用店舗1戸有)
入居予定 平成20年12月 平成21年6月

以上


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER