ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成20年4月21日
中国瀋陽市での丸紅株式会社との不動産複合開発について

東急不動産株式会社(以下「東急不動産」)は、丸紅株式会社(以下「丸紅」)と香港財閥である新華集団(Sun Wah Group)との三社共同で瀋陽市瀋河区に於いて分譲住宅・商業施設・オフィスの複合開発を行うため、このたび開発会社へ100%出資する特別目的会社(SPC)の株式を取得いたしました。持分株式は丸紅が25%及び東急不動産が5%となります。

開発用地は瀋陽市の中心・瀋河区の中央部に位置し、南側に市政府広場及び市政府を臨む稀少立地です。第一期で分譲用住宅2棟及び商業施設開発、第二期として商業施設、第三・四期としてオフィス2棟の開発を行う計画で、第一期の分譲住宅は2008年冬頃の販売開始を予定しております。

瀋陽市は、遼寧省の省都であることより政治の中心であるのみならず、中国中央政府が打ち出した環渤海湾経済圏育成政策及び東北地方振興政策により、積極的に外国資本誘致を図る等東北部地域の経済の中心と位置付けられています。ここ数年、従来の重化学工業に加え、IT・電子・機械・石油・自動車・医薬が主要産業となっています。また東北地区最大の商業都市として周辺六都市を結ぶ環状高速道路網の整備や市内地下鉄の整備が進んでおり、経済成長率は2006年GDP成長率16.5% と全国平均10.7%を大きく上回っています。

東急不動産は2005年上海市のデベロッパーへの一部出資を機に成長著しい中国不動産市場の調査を開始、約2年間の調査期間経て2007年9月に上海市黄浦区に現地法人を設立、事業参入の準備を整えておりました。本事業が、東急不動産として中国において手がける最初の事業になりますが、事業を通じて成長著しい中国における不動産事業の経験及びノウハウの蓄積を行うとともに、日本の総合デベロッパーとして培った事業ノウハウや経験を活かす事により今後の中国における事業展開へ繋げて行きたいと考えております。



以上



<案件概要>

開発地所在地 瀋陽市瀋河区市府大路
土地面積 27,100m²
開発建物概要 住宅 (74,082m²、約900戸)
商業施設(98,202m²)
オフィス(79,736m²)
地下駐車場等(45,835m²)
合計(297,855m²)
事業期間 第1期 2008年4月着工、2009年9月竣工
第2期 2009年10月着工、2011年6月竣工

<新華グループ概要>
所在地 Two International Finance Center 8 Finance Street, Central, Hong Kong
設立 1956年
代表者 Dr. Jonathan Koon Choi
事業内容

食料・不動産・金融・IT・インフラ・メディア等。
丸紅株式会社と新華グループは2008年2月29日付けで戦略的包括提携を交わした。
不動産事業はグループの中核事業の一つで工場・商業施設・ホテル等30棟以上、住宅7,000戸以上の事業実績がある。
丸紅とは以下3件の不動産開発事業を共同で行っている。
・1994年からベトナム社会主義共和国、ホーチミン市においてオフィスビルの開発、賃貸事業。
・2006年から中国・北京市での賃貸サービスアパートメントの保有・運営中。
・2007年から中国・天津市での住宅・商業施設・賃貸オフィス・サービスアパートメントの複合開発(総建築面積134,304m²)を開発中。


<瀋陽プロジェクト 完成予想図>


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER