ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成21年1月13日
「大阪市阿倍野A1地区第二種市街地再開発事業A2棟」の建設工事に着手

阿倍野地区の更なる活性化と魅力向上の一翼を担う
大阪市内最大級のモール型ショッピングセンターを開発


■事業の内容
東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指 潔)は、かねてから大阪市が施行する「阿倍野地区 第二種市街地再開発事業」の中核を成す「阿倍野A1地区第二種市街地再開発事業A2棟」(駅前商業施設)の特定建築者(*)として本計画を推進してまいりましたが、本日、建設工事に着手いたしましたのでお知らせいたします。尚、開業は平成23年春を予定しています。
(*)特定建築者とは、保留床を取得することを条件に施行者に代わって建築物の設計・施工を行う民間事業者。

本計画は、JR西日本・近鉄・大阪市営地下鉄などが乗り入れる大阪第三のターミナル駅に直結する好立地を活かした、大阪市内最大級のモール型ショッピングセンターです。開業後は、当社が大阪市の取得床を一括賃借し、当社取得床と合わせて一体的に施設運営を行ってまいります。
阿倍野地区は、都市再生緊急整備地域に指定されており、大阪の南の玄関口として、商業・娯楽等の多様な機能が複合した個性ある拠点づくりが期待されています。今後、本計画の推進により阿倍野地区及び大阪市全体の発展への貢献を目指してまいります。

■施設の特徴
○テナント構成
計画地である阿倍野地区は、豊富な居住人口を有する足元商圏と大阪第三のターミナル駅を起点として奈良・和歌山方面に広がる広域商圏を兼ね備えた、大阪屈指のマーケットポテンシャルを有する商業エリアです。
この立地のメリットを最大限に活かすために、本施設は、地元密着型のGMS(総合スーパー)と広域集客型の大型専門店を核に各種物販や飲食等テナント、さらにエンターテイメント施設等 多彩な機能を備えたオールターゲット型の大型複合ショッピングセンターとする計画です。
なお、GMS部分には「イトーヨーカドー」が出店を予定しており、大型専門店部分には「東急ハンズ」が出店の意向を表明しております。

○施設計画
都心部としては極めて希少性の高い広大な敷地規模(37,803m²)を活かしたモール型のショッピングゾーンを地上4階までの低層により構成することで高い回遊性を実現します。
また、屋外テラスやパティオといった開放的なコミュニティースペースを効果的に配置し、周辺エリアへの賑わいの滲み出しを図ると共に、広場やレストスペースなどの共用部を充実させ、オーガニックテイストのモダンデザインを取り入れることで、ゆとりのある心地よい施設環境を創出します。

○交通アクセス
本施設は、地下通路や上空通路でターミナル駅と接続する予定です。また、自動車のアクセスについては、施設内に駐車場を約1,500台設ける計画としております。

■今後の商業施設展開
当社は業界に先駆け昭和40年代(1960年代)から、都市型商業施設「東急プラザ」を東京渋谷、蒲田などで展開し、以来、首都圏・近畿圏を中心に全国において商業施設の開発・運営を行ってまいりました。現在まで40年に渡り、事業計画の策定からテナントの出店交渉、開業後の管理・運営にいたるまでの総合プロデュースで、豊富な実績を築いています。近畿圏での代表的な商業施設には、関西最大級のアウトモール型複合ショッピングセンター「箕面マーケットパーク・ヴィソラ(大阪府箕面市)」があります。
近年では、都市型商業施設に限らず、地域に密着した郊外型ショッピングセンターや、総合エンターテイメント施設、都心部では情報発信型複合商業施設など、様々な商業施設を展開しています。
現在進行中のプロジェクトとしては、再開発組合の組合員・参加組合員として参画している「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」や、本計画と同様に特定建築者として参画している横浜市施行の「戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業」等の再開発事業・大型複合商業施設事業などに取り組んでいます。
その他にも表参道や銀座、渋谷等の日本を代表するエリアでの大型複合施設計画が、次に続くプロジェクトとして控えており、今後も豊富な実績を活かし、新たな商業施設・商業形態を提案し、積極的に事業展開を図ってまいります。

以上


■再開発事業概要(全体)
 
事業名称 大阪都市計画事業阿倍野地区第二種市街地再開発事業
施行者 大阪市
所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋1、2、3丁目及び旭町1、2、3丁目他
地区面積 約28.0ha(都市計画決定区域面積)

■計画建物概要 
所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋1、2丁目及び旭町1,2丁目の各一部
交通 JR線「天王寺」、御堂筋線「天王寺」、近鉄線「あべの橋」、
谷町線「阿倍野」「天王寺」、阪堺電車「阿倍野」「天王寺駅前」
敷地面積 37.803m²
構造規模 鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地下2階地上6階建
延床面積 約183,700m²
店舗専有面積 約78,500m²(物販、飲食、サービス他)
店舗面積 約69,000m²(バックヤード等除く)
店舗数 約250店舗(権利者店舗含む)
駐車台数 約1,500台
設計/監理 安井建築設計事務所・東急設計コンサルタント共同企業体
施工 竹中工務店・東急建設共同企業体
スケジュール
工事着手
竣工/開業
平成21年1月13日
平成23年春(予定)
 
■位置図(広域図) 




■位置図(現地図)



■施設外観 完成予想図




■屋内空間 完成予想図



(仮称)阿倍野プロジェクト テナント募集説明会参加者募集中



PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER