ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース


ニュースリリース
平成21年6月10日
東急不動産は、引き続き、地球温暖化防止、環境配慮のため、
CO2排出量削減に取り組みます。

「健康」・「緑化」・「エコロジー」をテーマにした
環境配慮型マンション登場!
~住まいにおける環境への配慮を追求し、さらなる手法を駆使した「ブランズ幕張」~

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指潔)は、JR総武緩行線「幕張」から徒歩7分の立地に、住宅 事業における環境配慮への取り組みを推進し、CO2排出削減に寄与するマンション「ブランズ幕張」(所在:千葉県 千葉市花見川区幕張五丁目)を供給します。
東急不動産は、今年3月に販売開始した「ブランズ六義園」以降、首都圏で供給するマンションすべてに、CO2排出 削減効果を評価・表示しており、第一弾の「ブランズ六義園」は、環境配慮型マンションとして、お客様の評判も極めて 高く、販売開始3ヶ月で9割以上の売行きを記録し、ほぼ完売の目処付けがついています。

◆生活者の視点に基づいて、3つのテーマから環境配慮を追
「ブランズ幕張」では「健康」「緑化」「エコロジー」という3つのテーマを掲げたプロジェクトです。
心身ともに「健康」であること。「緑化」による癒し。企業の社会的責任である「エコロジー」の具現化と、生活者の視点 に基づいて、人が住まうことを気遣い、配慮し、真の豊かさを求め続けることが「ブランズ幕張」の商品思想です。
それは、今、快適であればいいということではなく、20年30年、さらにその先までずっと愛される住まいであり続け たいという思いから生まれたものです。



1.健康/Health
「ブランズ幕張」の1・2階部分には、薬局や医院によるクリニックモールを併設予定です。同じ屋根の下にかかりつけ の医者がいることで、病気やケガの際にも気軽に通院することが可能となります。

2.緑化/Green
1) 前面道路からの奥行を約5m確保し、広々とした空間にケヤキやハナミズキなどの街路樹を植え、緑豊かなグリ ーンプロムナードを形成します。
2) 共用廊下には緑化メッシュフェンスやプランターボックスを設け、天然植物による潤いを享受できるように設えて います。また専用使用部分のバルコニーにも軒天フックを設置し、ネットをかけてアイビーなどの植物を誘引するな ど、居住者自身でのグリーンカーテン等の設置が可能となります。



3)エコロジー/Ecology

◆設備仕様による省エネへの取り組み

エコラボレーション1) 東急不動産と「エコジョーズ」等によるエコラボレーション
・ガス、水道、電気の使用量が見える「エネルックリモコン」
・省エネに役立つ高効率TES熱源機「エコジョーズ」
・冬場のガス料金がお得になる「暖らんぷらん」
・切り替え機能付きで効率的な「TES温水式床暖房」

2) 次世代省エネ基準等級4をクリア
昭和55年に断熱性能基準「省エネ基準」が定められ、平成4年に「新省エネ基準」、平成11年に「次世代省エネ 基準」として見直し・強化が図られました。そして「ブランズ幕張」では、住宅性能評価に基づき、温熱環境評価の 最高級である等級4を実現しています。旧基準より約4割少ないエネルギーで快適に暮らせます。

3) 省エネ効果を高める設備を採用
共用部・専用部において、消費電力の大きい白熱灯の使用箇所を減らしています。また節水・省エネに役立つ エコ6トイレやフルオートバスも採用しています。

4) 断熱性を高め熱効率をアップ
断熱性を高め結露しにくい複層ガラスを採用しています。

◆「ブランズ幕張」は、あらゆる角度からCO2排出量削減を目指しています
このように「ブランズ幕張」では、次世代省エネ基準適合、省エネ設備機器の採用、緑化や通風、採光などの自然 エネルギーの活用により、CO2排出量をマンション全体で年間約19%(16.5t)削減します。※
※これはブナの自然林約3.6ha(千葉マリンスタジアムのグラウンド約2.3個分)が一年間に吸収するCO2量に相当します。

◆CO2排出削減量の評価方法

1.居住時の年間エネルギー消費量(CO2排出量)を算出

2.以下3項目に基く省エネルギーに有効な要素技術の導入による
 年間エネルギー消費の削減量を算出

・自然エネルギー活用技術:日射熱、自然光利用等
・建物外皮の熱遮断技術:次世代省エネルギー基準等
・省エネルギー設備技術:高効率給湯器・冷暖房設備、設備機器効率化等

3.一般的な住宅との比較で年間エネルギー消費の削減量(CO2排出削減量)を算出
(1990年当時の平均的なマンションとの比較)

4.年間エネルギー消費の削減量を森林のCO2吸収量に換算

東急不動産では今後も“地球環境と暮らしにやさしいエコ”を目指し、エネルギー消費の削減と緑のある環境づくりに 取り組んでまいります。


【参考資料】
■ブランズ幕張 物件概要
所在地 千葉県千葉市花見川区幕張町五丁目417-243
交通

JR総武緩行線「幕張」駅 徒歩7分

地目 宅地
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上8階建
専有面積

2234.66m²

建築面積 874.13m²
総戸数 54戸(店舗5戸、管理室含む)
総販売戸数 48戸
間取り

1LDK~3LDK(予定)

専有面積

67.01m²~83.18m²
売主

東急不動産株式会社

スケジュール

着 工  平成21年1月13日
竣 工  平成22年2月下旬予定
引 渡  平成22年3月下旬予定

施工 株式会社イチケン
建物管理 株式会社東急コミュニティー
販売代理 東急リバブル株式会社
アフターサービス 東急不動産株式会社


■位置図(建設地およびマンションギャラリー)
位置図(建設地およびマンションギャラリー)

■「ブランズ幕張」外観予想図
「ブランズ幕張」外観予想図

■エントランス完成予想図
エントランス完成予想図

以上


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER