ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成21年8月31日

「壁面塗装」・「緑化」に住民参加できるマンション登場!
~購入者が一層愛着を持てる住まいづくりと環境配慮をテーマにした「ブランズ中野南台」~

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指潔)は、東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町」から徒歩11分の立地に、「ブランズ中野南台」(所在:東京都中野区南台2丁目)を供給します。
「ブランズ中野南台」では、購入者が享受できるソフト面のサービスに工夫して、顧客満足度向上を図り、さらにその取り組みを環境配慮へと繋げてまいります。

◆「壁面塗装」を通じて購入者自身が参加できるマンションづくり

エントランス「ブランズ中野南台」は、マンション購入者が施工段階において、エントランスの内壁面に塗装できるサービスを導入します。
特徴ある隆起を持つ壁面は“アンジュレーションウォール”といい、表面に表情ある塗装を施すことにより、オリジナリティの高い空間を創造します。その壁の塗装仕上げをマンションの購入者が参加して、完成させることで、住まう方々がより愛着を持ち、共用空間を単に管理組合の費用で管理された空間ということではなく、『自身達が共有する豊かな資産』として大切に育んでもらいたいという発想から実現しました。

住民参加の壁面塗装は、都市部の住まいに不足しがちな、コミュニケーションの形成に効果があり、入居前に居住者同士のコミュニケーションの場の提供、円滑な近隣関係構築に寄与します。この居住者交流促進策は、平成16年度に東急不動産が購入者を対象としてスタートした「くらしNAVI」プログラムのコンセプトに通じ、建築現場見学会、共用部見学会・入居者懇親会と共に、『顧客満足度向上』を目指した契約者向けサービスの一環となります。

◆「緑化」にも住民参加、環境に対する意識向上へ

東急不動産のマンションは、CO2排出量削減を目指し、自然エネルギーの活用を積極的に取り入れています。「ブランズ中野南台」のエントランス部西側面には、壁面緑化を施し、日射熱を緩和することで建物外皮の熱遮断を図ります。さらに「住民参加によるエコ」を実現すべく、これまで壁面緑化の主流であったシダ・ツタ類から、植栽パネルを用いた特殊な緑化システムを採用、購入者が自らポット栽培された鉢植えをパネルに埋め込む手法で、住民参加を促し、自ら環境に配慮するという意識の向上を図り、マンションづくりを通じて、地球温暖化防止、低炭素社会の実現に寄与していきたい考えです。

壁面緑化

◆「ブランズ中野南台」の設備仕様による省エネへの取り組み

ecollaboration

(1)東急不動産と「エコジョーズ」等によるエコラボレーション

  • ・ガス、水道、電気の使用量が見える「エネルックリモコン」
  • ・省エネに役立つ高効率TES熱源機「エコジョーズ」
  • ・冬場のガス料金がお得になる「暖らんプラン」
  • ・切り替え機能付きで効率的な「TES温水式床暖房」

(2)次世代省エネ基準等級4をクリア

昭和55年に断熱性能基準「省エネ基準」が定められ、平成4年に「新省エネ基準」、平成11年に「次世代省エネ基準」として見直し・強化 が図られました。そして「ブランズ中野南台」では、住宅性能評価に基づき、温熱環境評価の最高等級である等級4を実現しています。 旧基準より約4割少ないエネルギーで快適に暮らせます。

電動アシスト自転車レンタルサービス(3)省エネ効果を高める設備を採用

共用部・専用部において、消費電力の大きい白熱灯の仕様箇所を減らし、LED照明を共用部では、エントランス、外構に、専用部においても玄関・洗面室に採用しました。また節水・省エネに役立つエコ6トイレやフルオートバスも採用しています。
また、電動アシスト自転車レンタルサービスの採用により、健康増進、環境負荷の軽減、顧客満足度向上も図ります。

(4)断熱性を高め熱効率をアップ

断熱性を高め結露しにくい複層ガラスを採用しています。

◆一年間で国立競技場芝面積の3.5倍のCO2排出量を削減

このように「ブランズ中野南台」では、次世代省エネ基準適合、省エネ設備機器の採用、緑化や通風、採光などの自然エネルギーの活用により、CO2排出量をマンション全体で年間約19%(12t)削減します。
※これはブナの自然林約2.67ha(国立競技場芝面積の約3.5倍)が一年間に吸収するCO2量に相当します。

東急不動産は、今年3月に販売開始した「ブランズ六義園」以降、首都圏で供給するマンションすべてに、CO2排出削減効果を評価・表示しています。今後も継続して、“地球環境と暮らしにやさしいエコ”を目指し、エネルギー消費の削減と緑のある環境づくりに取り組んでまいります。

《参考》

■ ブランズ中野南台 物件概要

所   在 東京都中野区南台2丁目17番地10
交   通 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町」駅から徒歩11分
京王新線「幡ヶ谷」駅から徒歩16分
京王線・京王新線「笹塚」駅から徒歩18分
敷地面積 531.55m²
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上13階建1棟
延床面積 2632.68m²
総戸数 36戸
間取り 2DK~3LDK(予定)
専有面積 43.68m² ~ 66.22m²
売   主 東急不動産株式会社
スケジュール 販売開始 平成21年10月中旬予定
着   工 平成21年5月1日
竣   工 平成22年6月上旬予定
引   渡 平成22年7月下旬予定
施   工 名工建設株式会社
管理会社 株式会社東急コミュニティー
販売会社 東急リバブル株式会社

■ 位置図(建設地)

位置図(建設地)

■「ブランズ中野南台」外観完成予想図

「ブランズ中野南台」外観完成予想図

■ エントランス外観完成予想CG

エントランス外観完成予想CG


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER