ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成21年9月29日

東急不動産の都心分譲マンションにパナソニック電工・東京ガスの
集合住宅向け次世代サービスを初導入!

~パナソニック電工「エミット・マンションシステム」と東京ガス「リモートプラス」を連携した
モバイルセキュリティサービスを東急不動産「クオリア日本橋浜町」に採用~

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指潔)は、本年12月に販売開始予定の都心型マンションシリーズ「QUALIA(クオリア)」の首都圏で27物件目となる「クオリア日本橋浜町」(所在:東京都中央区日本橋浜町2丁目)にパナソニック電工株式会社の「エミット・マンションシステム」と株式会社東京ガスの「リモートプラス」を連携させた先進のモバイルセキュリティサービス(以下、「本連携サービス」)を集合住宅として初めて導入いたします。

本連携サービスは、パナソニック電工「エミット・マンションシステム」の「画像つきの来訪者通知」、「ご家族の帰宅通知」、「住戸内警報の通知」などの機能に、東京ガス「リモートプラス」の「ホームオートメーション(機器の遠隔操作)」、「ガスの遠隔監視・遮断」などの機能を連携したもので、都市の利便性を求めて都心居住を志向するシングル・DINKS層を対象とした東急不動産の都心型マンションシリーズ「QUALIA」(クオリア)のコンセプトに合致するとして、導入が実現いたしました。

東急不動産XPanasonicXTOKYO GAS

◆利便性・安心・安全を追及した多忙な都心生活者のためのサービス

「クオリア日本橋浜町」が導入する本連携サービスは、携帯電話を使用して外出先から床暖房や、お風呂沸かしを遠隔操作できるほか、子供の帰宅や宅配ボックスの着荷情報をメールでお知らせするサービスです。会社や外出先からもお部屋の状況が携帯電話・PC等のモバイルを通じ、手に取るように把握でき、安心と安全を提供します。
また遠隔操作により、帰宅時には暖房やお風呂の用意など、家主を快適に迎え入れる体制が整い、「クオリア日本橋浜町」の持つ交通至便な立地(東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅から徒歩4分、都営新宿線「浜町」駅から徒歩5分、東京メトロ日比谷線「人形町」駅から徒歩6分)に加え、生活面での効率化が促進することで、ますます時間にゆとりのある充実した都心マンションライフを楽しむことができます。

「クオリア」は、都心部における新しいライフスタイルを創造し、耐久性、遮音性、セキュリティー、バリアフリーなどの基本性能はもちろんのこと、ファミリーマンションと同様の設備仕様に加えて、都心生活ならではの機能やサービスを充実させるなど、これまでの投資用マンション中心であった都心のワンルームマンションとは一線を画す、快適な居住空間を確保しています。現在JR山手線沿線等の都心部や東急沿線等の人気エリアを中心に26棟1,591戸を供給しています。

《本連携サービスの概要》

■主な特長

(1)「エミット・マンションシステム」と「リモートプラス」のサービス機能を連携

「エミット・マンションシステム」の基本機能であるパーソナルセキュリティ、生活便利サービス、気がかり解消サービスに加え、「リモートプラス」のTES機器の遠隔操作、ガス安心サービスをエミット・マンションシステムの利用者画面から操作・確認可能にします。

<操作画面イメージ>(パソコンの場合)

操作画面イメージ

(2)パナソニック電工マンションHAシステムと東京ガスTESシステムはサーバー間で連携。
    マンション内での接続のための工事は不要。

パナソニック電工が運用する「エミット・マンションシステム」サーバーと東京ガスが運用する「リモートプラス」サーバー間を接続し、両システムの情報連携を行います。マンション内での両社機器の接続工事は不要です。

<システム構成図>

システム構成図

(3)東京ガス運用による遠隔監視や自動検針も可能

ガスの異常な使われ方やTES機器の故障を東京ガスが遠隔監視します。またガスの遠隔検針により マンションのセキュリティにも配慮します。

■パナソニック電工の「エミット・マンションシステム」

エミット・マンションシステムの主な機能

■東京ガスの「リモートプラス」

リモートプラスの主な機能

◆東急不動産の環境配慮への取り組み

東急不動産は、住宅事業を通じて、継続的に「地球環境への配慮」、「低炭素社会の実現」に取り組んでいます。「クオリア日本橋浜町」においても、共用部・専有部において、消費電力の大きい白熱灯の使用箇所を減らし、LED照明・蛍光灯エコ球を積極的に採用しています。またエコジョーズ等の省エネ設備機器の採用や、断熱性を高め結露しにくい複層ガラスにより、さらなるCO2排出量の削減を目指しています。

「クオリア日本橋浜町」では、これらの施策を通じて、CO2排出量をマンション全体で年間約19%(20.2t)削減します。これはブナの自然林約4.37ha(芝離宮恩賜公園とほぼ同じ広さに相当)が一年間に吸収するCO2量に相当します。また、年間の光熱費が戸当り3万3千円節約できるとの試算も出ています。
※「クオリア日本橋浜町」は住宅性能評価に基づいた温熱環境評価の最高等級である等級4を取得予定。旧基準より3割以上少ないエネルギーで快適な住宅環境を提供します。

東急不動産は、今年3月に販売開始した「ブランズ六義園」以降、首都圏で供給するマンションすべてに、CO2排出削減効果を評価・表示しています。今後も継続して、“地球環境と暮らしにやさしいエコ”を目指し、エネルギー消費の削減と緑のある環境づくりに取り組んでまいります。

◆ガラスを千鳥に配したファサードと風合いのある施釉(せゆう)タイルを用いた個性的な外観デザイン

■「クオリア日本橋浜町」外観完成予想図

外観完成予想図

「クオリア日本橋浜町」建設地南側は大規模な再開発 エリアであり、オフィスや集合住宅が立ち並び現代的で 軽快な印象の建物群が集積しています。一方で、ひとつ 路地を入ると、下町情緒がここかしこに残り、時代を重 ねてきた奥行きと厚みのある豊かな香りを感じること もできます。“先端”と“懐かしさ”の2つの異なる表情を 持つ日本橋浜町に誕生する「クオリア日本橋浜町」は、建物南面にガラススクリーンを千鳥配置で展開させた ファサードデザインにより、都市の洗練と共鳴させ、また 周囲の町並みに溶け込むよう東面は、昔ながらの町並 みが醸し出す懐かしい雰囲気に調和する優しい色合い とし、風合いのある「施釉(せゆう)」ボーダータイルを 採用、都会の生活を楽しむシングル・DINKS層に、地域 が育んできた素材のあたたかみを感じて頂けるよう、 住まう人がより愛着を持てる個性的な外観デザインと しています。

※掲載の完成予想CGは、図面を基に書き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。
※隣接する建物、電柱・電線等は透明処理をしております。

《参考》

■クオリア日本橋浜町物件概要

所   在 東京都中央区日本橋浜町2丁目47番1他(地番)
交   通 東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅より徒歩4分
都営新宿線「浜町」駅より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅より徒歩6分
敷地面積 542.10m²
延床面積 4,380.95m²
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上14階 地下1階建
総戸数 59戸
間取り 1DK~3LDK(予定)
専有面積 41.27m² ~ 66.90m²(予定)
売   主 東急不動産株式会社
スケジュール モデルルームオープン  平成21年11月上旬予定
販売開始  平成21年12月上旬予定
着    工    平成21年9月1日
竣    工    平成23年2月中旬予定
引    渡    平成23年3月下旬予定
施   工 大豊建設株式会社
管理会社 株式会社東急コミュニティー
販売会社 東急リバブル株式会社

■ 位置図(建設地)

位置図(建設地)


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER