ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成22年3月2日

マンション購入意向者に聞く、新築分譲マンション購入に際しての意識調査2009年度
マンション購入検討理由のトップは「もっと広い住まいに住みたいから」
「住宅ローン減税の拡充」「金利の低さ」「土地・住宅価格の安さ」など
複合的要因により“買い時感”が昨年より上昇

~新築マンションポータルサイト「MAJOR7」第12回マンショントレンド調査~

新築マンションポータルサイト MAJOR7(メジャーセブン=住友不動産・大京・東急不動産・東京建物・藤和不動産・野村不動産・三井不動産レジデンシャル・三菱地所の8社~五十音順)では、このたび全国のマンション購入意向者36万人を対象に、「新築分譲マンション購入意向者アンケート」を実施いたしました。その結果をまとめましたので、ご報告いたします。

【主な調査結果】

1.[現在マンション購入を検討している理由]

マンション購入検討理由は、「もっと広い住まいに住みたいから」がトップ。
“買い時感”、“資産として”、“老後の安心のため”などの理由が昨年より上昇。

2.[住宅ローン減税の拡充による購入意欲への影響]

住宅ローン減税の拡充により「購入意欲が高まった」との回答者は5割程度。
マンション購入の“買い時感”を後押しする要素の1つと推察。

3.[理想とするマンションのタイプ]

理想とするマンションのタイプは、“管理会社の信頼性”、“大手建設会社・不動産会社である”、“周辺環境の良さ”、“都心部に立地”が上位。
これらは、昨年よりも大きく上昇。

4.[マンションの施設・設備で希望されるもの]

トップ10のうち、「エコ」関連の施設・設備が、共用部分で7項目、専有部分で4項目を占める。
また、回答者の約4割が「エコ」関連の施設・設備導入について「予算が高くなっても選びたい」と回答。

新築マンションポータルサイト「MAJOR7」第十二回マンショントレンド調査

URL:http://www.major7.net/contents/trendlabo/research/vol012/


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER