ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成22年11月1日

東京都・豊島区・財団法人東京都新都市建設公社・東急不動産による
共同建替え第一号マンション「BRANZ 東池袋」が誕生
~防災をテーマに、災害に強い安心・安全で住みよい街づくりに貢献~

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指潔)は、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅から徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅から徒歩9分、JR山手線「大塚」駅から徒歩9分(他 計5駅9路線利用可)という、交通至便で山手線内側の希少性ある立地に、東京都・豊島区・財団法人東京都新都市建設公社と共に(※)、共同建替え第一号マンションとなる「BRANZ 東池袋」(所在:東京都豊島区東池袋4丁目)を竣工いたしました。地域の防災拠点と災害時の役割とコミュニティー形成の機能を備えた、人に地域にやさしい住まいをご提供いたします。

◆マンションが地域の防災拠点の役割を担う新たな取り組み

東京都の都心周辺部には、道路などの整備不十分な木造住宅密集地域が広範囲に分布しており、災害時の火災や建物倒壊などで大きな被害がおこる危険性があります。
東池袋地域が、安全で安心して住み続けられる災害に強い街へ生まれ変わるため、火災に対して燃えにくいマンションに建て替えるとともに、道路整備も担い安全を確保する。その新しい街づくりの理想に賛同し、東急不動産は、財団法人東京都新都市建設公社と、この本事業を進めてまいりました。
新しい街に生まれかわる東池袋で、当社の培ってきた住宅事業の技術とノウハウを提供し、当マンションを通じて地域の防災拠点やコミュニティー形成を図る役割をはたし、安心・安全で住みよい街づくりに貢献いたします。


上記航空写真(平成22年2月撮影)は、豊島区ホームページ「東池袋四・五丁目地区地区計画の概要」頁を参考に一部CG処理を施しております。

※東京都による施行の都市計画道路(補助第81号)整備事業(都電荒川線を中心に幅25mの道路を整備し、災害時の避難路や消防活動として機能する道路を確保すると共に、地域に安全で快適な道路環境をもたらす都市計画道路計画)と、豊島区による「東池袋四丁目・五丁目」木造住宅密集地域整備事業。

□緊急時に備えた防災体制

・万一の火災に備えて、消防車の迅速な消火活動をバックアップするために、40tの防火水槽を設置しました。この消防水利により、消化活動範囲は半径およそ200m以内をカバーいたします。
・マンション居住者用だけでなく、周辺地域の住民も災害時利用可能な備蓄倉庫を建物内に設置しました。非常用マンホールトイレや発電機、担架、救急セットなど、非常用の生活用品を保管いたします。

□安全性・地域社会への配慮

・当マンションでは、都市計画道路から敷地内に通り抜け道路を設け、避難路といたしました。
・休憩場所として歩道状空地に「ベンチ」を設置しました。
・街の防犯性を高めるため、夜間照明の「外構部LEDライト」を取り付けました。

非常用マンホールトイレ

担架・発電機

歩道上に面した壁面緑化・ベンチ・LED照明

◆地球環境にやさしいすみよい住まいづくりを提供

□緑化による環境配慮

マンションの壁面緑化と屋上緑化
マンション接道の通路壁にも壁面緑化を施しました。マンション居住者だけでなく、道を通る周辺にお住まいの方にも視覚的な癒しと快適さをご提供します。
太陽光発電を屋上に設置。CO2排出の削減に貢献するとともに、発電された電力は一部共用部照明に使用いたします。

屋上緑化

都電沿いの接動緑化

太陽光発電

■その他省エネへの取り組み

(1)東急不動産と「エコジョーズ」等によるエコラボレーション
・省エネに役立つ高効率TES熱源機「エコジョーズ」
・切り替え機能付きで効率的な「TES温水式床暖房」

(2)次世代省エネ基準等級4をクリア
昭和55年に断熱性能基準「省エネ基準」が定められ、平成4年に「新省エネ基準」、平成11年に「次世代省エネ基準」として見直し・強化が図られました。当マンションでは、住宅性能評価に基づき、温熱環境評価の最高等級である等級4を実現。旧基準より約4割少ないエネルギーで快適に暮らせます。

(3)省エネ効果を高める設備を採用
消費電力の大きい白熱灯の使用箇所を減らし、共用設備照明ではLED照明を使用しています。また、専有部においては、節水・省エネに役立つ蛍光灯やエコ6トイレを採用しています。

(4)「複層ガラス」で断熱性を高め、熱効率をアップ
2枚のガラスの間に空気層を入れた複層ガラスを採用。優れた断熱効果で、冷暖房の効果を高めます。

■東京ドームグラウンド面積の約3.2個分の広さに相当するCO2排出量削減を実現

このように「BRANZ 東池袋」では、次世代省エネ基準適合、省エネ設備機器の採用、緑化や通風、採光などの自然エネルギーの活用により、CO2排出量をマンション全体で年間約19%(約19.1t)削減(※)します。これはブナの自然林約4.15ha(東京ドームグラウンドの面積[約1.3ha]の約3.2倍の広さに相当)が1年間に吸収するCO2量に相当します。また、年間光熱費約3万3千円の節約(戸当たり)に相当します。
※一定の想定条件による当社試算

■東急不動産は、より良い未来の実現に向けて、環境配慮に関する活動『BRANZ GREEN PROJECT』に取り組んで参ります。

【BRANZ 東池袋】


◇外観写真

≪参考≫

■ 物件概要

所   在 東京都豊島区東池袋4丁目37番1号(住居表示)
交   通 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅から徒歩7分、丸の内線「新大塚」駅から徒歩9分
JR山手線「池袋」駅から徒歩15分、「大塚」駅から徒歩9分
都電荒川線「向原」駅から徒歩4分(他 計5駅9路線利用可)
敷地面積 862.94m²(実測)
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上10階地下1階建1棟
延床面積 4142.55m²
総戸数 56戸(非分譲住戸21戸含)
間取り 1LDK~3LDK
専有面積 38.60m² ~ 70.06m²
売   主 東急不動産株式会社
スケジュール

第1期販売  平成22年11月3日~11月6日
着         工  平成21年8月1日
竣         工  平成22年8月竣工済
引         渡  平成23年3月上旬予定

施   工 株式会社ピーエス三菱 東京支社
管理会社 株式会社東急コミュニティー
販売会社 東急リバブル株式会社

■位置図(建設地)


 

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER