ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ニュースリリース

平成23年10月3日


「シーサイドコート逗子望洋邸」、「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」
東急不動産のマンションが2011年度グッドデザイン賞同時受賞

 東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指潔)が開発したマンション「シーサイドコート逗子望洋邸」と、二子玉川東地区市街地再開発組合(理事長:川邉 義髙)が施行する「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業(所在:東京都世田谷区、施行地区面積:約8.1ha) 、以下「本事業」)」において、再開発組合の組合員・参加組合員である東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社が販売する大規模マンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス(以下「本物件」)」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の2011年度グッドデザイン賞(住宅部門)を受賞しましたのでお知らせします。

 「シーサイドコート逗子望洋邸」は、広大な太平洋の眺望や豊かな自然を借景とした優れた立地条件を活かし、周辺環境に調和した計画となっております。建物は緑に浮かぶ白い客船をイメージしてつくられており、客船のコンセプトは建物内部のディテールにも反映されています。また、すべての住戸は、海に面して配置され、さらにはハイサッシュの広い開口を確保することで、存分に海を体感できる住環境をつくりだし、癒し・ゆとり・リゾート感のある住空間をご提供できるよう努めました。

「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅前で進められている構想から約30年で実現し始めた大規模再開発事業の一翼を担う住宅部分です。 大人から子供まで安心・安全・快適に住み続けられる街をテーマに、都心にはない都市と自然が調和した風景の中で、駅から繋がる「リボンストリート」を軸に、各棟を緑豊かな人工地盤上に分散配置しています。駐車場は人工地盤下に設けて歩行者安全・景観に配慮、多摩川を臨むタワーデザインにはアルミとガラスのトレサリーによる外装システムを採用し、自然に溶け込んだ軽やかでシンプルな景観となるよう計画しています。

<シーサイドコート逗子望洋邸> 物件概要


所在 神奈川県逗子市小坪5丁目240番地他 (地番)
交通 横須賀線 「鎌倉駅」 からバス11分 バス停 「姥子台」 から徒歩3分
構造規模 鉄筋コンクリート一部鉄骨造 地上8階建て(建築基準法上は地上4階、地下4階建て)
総戸数 66戸(権利者住戸含む)
敷地面積 8,926.74m2
延床面積 10,023.57m2
設計監理 株式会社杉原設計事務所
施工 大成建設(株)
売主 東急不動産(株)
販売 東急リバブル(株)
管理 (株)東急コミュニティー

<二子玉川ライズ タワー&レジデンス> 物件概要


所在 東京都世田谷区玉川一丁目15番
交通 東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅徒歩6分
構造規模 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)

タワーウエスト          地上28階地下1階建
タワーイースト          地上42階地下1階建
タワーセントラル       地上28階地下1階建
レジデンスアクア       地上6階建
レジデンスフォレスト  地上6階地下1階建
プラザモール           地上2階建

総戸数 1,033戸(権利者住戸含む)
敷地面積 25,180.97m2
延床面積 133,353.11m2
設計監理 (株)アール・アイ・エー、(株)東急設計コンサルタント、(株)日本設計
施工 大成建設(株)
売主 東京急行電鉄(株)、東急不動産(株)
販売 東急リバブル(株)、東急ライフィア(株)
管理 (株)東急コミュニティー

【シーサイドコート逗子望洋邸 建物外観】

【二子玉川再開発街区全体イメージ】

【二子玉川ライズ タワー&レジデンス建物外観】

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER