• Access

都市型施設の開発を加速 ~二子玉川・銀座・新橋・心斎橋にて事業着手 2017年度に続々開業~

2016年08月09日 商業施設

 東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:植村 仁)は、この度、二子玉川・銀座・新橋・心斎橋の4つのエリアで、都市型施設の事業化に着手したことをお知らせします。

 当社は、本年3月に「東急プラザ銀座」を開業したほか、組合員及び参加組合員として参画している道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業が本体着工し、渋谷駅周辺の再開発事業も本格的に開始しました。2020年の東京五輪開催に向けてグローバル都市TOKYOへの脚光が高まるなか、当社は、渋谷とその周辺エリアを含めた「広域渋谷圏」を中心に、将来を見据えた都市開発を都内各所で進め、「都市間競争力の強化」に取り組んでいます。

 この度、二子玉川・銀座・新橋・心斎橋において、それぞれのエリアの魅力やニーズに合わせた都市型施設を新たに開発します。 ホテルや、オフィスをリニューアルしたコンバージョン型商業施設など、4施設が2017年度に開業予定です。
 当社では「まちづくり」の精神を大切に、今後も都心エリアを中心とする、立地特性に合わせた個性溢れる都市型施設を積極的に展開してまいります。

 お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。二子玉川パース.jpg

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader