• Access

当社子会社の資産運用会社3社の組織再編に関するお知らせ ~事業特化による資産運用体制の高度化~

2016年09月29日 投資マネジメント事業

 東急不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:植村 仁)は、当社の完全子会社である以下記載の資産運用会社3社の組織再編を2017年4月1日(予定)に実施し、REIT事業を行う運用会社と私募ファンド事業を行う運用会社の2社による運用体制といたしますので、お知らせいたします。

資産運用会社3社の概要

商号

東急不動産アクティビア投信
株式会社(TAIM)

東急不動産コンフォリア投信
株式会社(TCI)

東急不動産キャピタル・
マネジメント株式会社
(TLCM)

設立

2010年11月15日

2009年10月6日

2007年2月15日

所在地

東京都港区

東京都港区

東京都港区

資本金
(出資者)

300百万円
(東急不動産株式会社
(100%))

200百万円
(東急不動産株式会社
(100%))

300百万円
(東急不動産株式会社
(100%))

主な事業

アクティビア・プロパティーズ投資法人(API)の資産運用に関する事業

コンフォリア・レジデンシャル投資法人(CRR)の資産運用に関する事業

(1)ブローディア・プライベート投資法人(BPR)の資産運用に関する事業
(2)私募ファンドの資産運用に関する事業

本組織再編の背景・目的
 REIT市場に関しては、J-REIT市場が2001年9月の運用開始から15年が経過し、現在までに56投資法人、約15兆円の資産規模に、また私募REIT市場が2010年12月の運用開始から5年が経過し、2016年6月末時点で17投資法人、1.7兆円を超える資産規模にまで拡大しています。また、私募ファンド市場に関しては、REITとは異なる商品特性から、投資家ニーズは継続して存在しています。
 当社グループの投資マネジメント事業においては、TAIMが上場REITのAPIから、TCIが上場REITのCRRから、TLCMが私募REITのBPR、および私募ファンドからそれぞれ資産運用を受託しており、資産運用会社3社はそれぞれが運用のノウハウ、経験を蓄積し、これまで着実に成長をしてまいりました。
 このような中で、今般、REITの資産運用事業の集約化を通じた資産運用会社のアセット・マネジメント力の強化による各REITの投資主価値の向上、および私募ファンド事業への特化を通じた多様な投資家ニーズへの対応力の強化による投資家利益の向上を目的に、資産運用会社3社の組織再編を実施いたします。

 お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader