• Access

分譲マンションとシニア住宅の複合開発「世田谷中町プロジェクト」 複合開発の特性を活かし、同一敷地内での住み替え支援 定期転借地権付き分譲マンションを買取り、ケアレジデンスへの住み替えを可能に

2016年12月22日 シニアライフ分譲住宅

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:植村 仁)は、世田谷区中町5丁目にて開発中の分譲マンションとシニア住宅の複合開発「世田谷中町プロジェクト」において、同一敷地内での住み替えを支援するため、分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」の買取り保証を実施することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

「世田谷中町プロジェクト」は、約1万坪の敷地に分譲マンションとシニア住宅を配し、様々な年齢層の方々が暮らせる新しい住まいを実現する大規模プロジェクトで、本制度はお客様のご要望にお応えし、"長く安心して住み続ける"ための施策として導入いたします。

竣工後20年までの期間であれば、同一敷地内の「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」に住替える際には、設定金額で当社が購入するという仕組みです。

将来的に介護が必要となった際には、「ブランズシティ世田谷中町」を売却し、手元資金として「ケアレジデンス」の入居費用やケア入居後のランニングコストに充当可能なほか、同一敷地内での住み替えが可能になることで、高齢時における引越し(または住み替え)の不安要素を払拭し、住み慣れた地域に暮らし続けられる安心感を提供する制度として、デベロッパーでは初めての導入となります。また、本制度だけでなく、お客様が入居後も安心して暮らすことができるよう、当社の分譲マンション入居者様向けサービス「BRANZサポート」に加え、管理・仲介をはじめとしたグループ各社との連携による住まい関連サービスを提供いたします。

◆買取保証制度の概要

・買取期間 : 竣工後5年~20年

・買取金額 : 【建物】買取時点の建物価格(一定率で減価償却)の80%【土地】前払い地代の残余額

・前提条件 : 同一敷地内の介護住宅「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」への住み替え

※新築購入されたお客様が対象となります

※介護住宅が満室の場合、入居が決定してからの買取となります

※仲介会社による売却活動後でも本制度は適用可能です

俯瞰パース.jpg

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader