• Access

埼玉県春日部市にて 大型マルチテナント型物流施設『(仮称)春日部物流センター』を着工

2017年03月22日 都市事業

三菱UFJリース株式会社(本社:東京都千代田区、社長:白石正、以下「三菱UFJリース」)、東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:植村仁、以下「東急不動産」)、ケネディクス株式会社(本社:東京都中央区、社長:宮島大祐、以下「ケネディクス」)は、埼玉県春日部市において共同開発する大型マルチテナント型物流施設「(仮称)春日部物流センター」が着工いたしましたので、お知らせいたします。

春日部物流センター.jpg

「(仮称)春日部物流センター」は、三菱UFJリース、東急不動産、ケネディクスが共同出資する特定目的会社が事業主体となり、ケネディクスがアセットマネジメント業務を行い、株式会社フジタの設計・施工にて開発を行います。
計画地は、主要環状道路である国道16号(春日部野田バイパス)と4号(越谷春日部・春日部古河バイパス)の交差点から約600mの場所にあり、東北自動車道「岩槻I.C.」や常磐自動車道「柏I.C.」へアクセスがしやすく、東京都心部からも約30kmと交通利便性に優れた立地です。また、上記交差点は現在計画中の東埼玉道路「庄和I.C.」の建設予定地であり、今後更なる利便性拡大が期待されています。
本プロジェクトでは、17,951㎡の敷地に延床面積38,853㎡、地上4階建ての大型マルチテナント型物流施設を建設する予定で、1階に両面トラックバースを設置する他、効率的な物流オペレーションを可能とする最新鋭の倉庫仕様を備えております。

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader