• Access

グランクレール世田谷中町ケアレジデンス 日本初、英国スターリング大学(DSDC)のゴールド認証取得

2017年07月31日 ウェルネスシニアライフ

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)は、分譲マンションとシニア住宅の複合開発を行う「世田谷中町プロジェクト」の"認知症にやさしいデザイン"をとりいれたケアレジデンスにおいて、英国スターリング大学認知症サービス開発センター(DementiaServices Development Centre以下:DSDC)によるゴールド認証を取得しましたことをお知らせします。

お.pngあ.png

◆DSDCの「認知症にやさしいデザイン」認証について

認知症にやさしいデザインのコンセプトが実践されているかについて、DSDCがエビデンスをベースに作成した評価項目(全345項目)により審査するものです。当社の『グランクレール世田谷中町ケアレジデンス』と同デザインを取り入れた看護小規模多機能型居宅介護事業所『ナースケア・リビング世田谷中町』の2施設が日本国内で初のゴールド認証受賞となりました。評価項目に定められた「自立を促すデザイン」の必須項目を全て満たすとともに、日本の伝統的なぬくもりのある家具や素材が融合し設計されている点が高く評価されました。

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader