• Access

渋谷におけるイノベーション創出の活性化に向けて スタートアップ共創 本格開始 世界有数のアクセラレーター「Plug & Play」と共に 渋谷と世界を繋ぐインキュベーション施設を渋谷に開設

2017年09月01日 都市開発

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、渋谷におけるイノベーション創出の更なる活性化を図るため、スタートアップとの共創を本格展開してまいります。このたび、アクセラレーターとしての実績を豊富に有し、グローバルに展開しているPlug & Play社とパートナーシップ契約を締結しました。同社が提供するアクセラレーションプログラムの実施の場として、渋谷に新たなインキュベーション施設「(仮称)Plug & Play SHIBUYA with 東急不動産」を開設します。

■渋谷と世界を繋ぐ「インキュベーション施設」
当社は、渋谷駅周辺を中心としたエリア一体を広域渋谷圏と定め、都市開発の重点拠点として位置づけており、付加価値の高い魅力あるコンテンツで街の賑わいを創出することで、プレゼンスの確立を目指しています。

現在渋谷駅周辺で進められている100年に一度の大規模再開発を契機とし、広域渋谷圏の活力の源泉たるスタートアップから、これまで以上に選ばれるまち・企業であり続けるよう、不動産会社として手がけてきたインフラ(場)の提供・管理にとどまらず、革新的なビジネスの誕生に向けた様々なサービスをトータルに提供し、スタートアップとの共創を本格展開してまいります。

取り組みの一つとして開業するPlug & Play社との協業による当施設においては、海外のスタートアップとの接点を強化することを始め、今後竣工予定の各プロジェクトに開業するインキュベーション施設も見据え、国内外スタートアップ及びイノベーションを求める大企業を誘引することで、広域渋谷圏での新しい産業創出を支える役割を果たします。

当社は、様々なカルチャーやビジネスを生み出してきた渋谷の「スタートアップの聖地」としての地位確立を目指し、当施設を始め、今後も積極的にスタートアップとの共創に取り組んでまいります。

A提出用.jpgD提出用.jpg

■施設概要
施設名称: (仮称)Plug & Play SHIBUYA with 東急不動産
開設日: 2017年11月初旬(予定)
所在地: 東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル1F
面積: 約811㎡ (約245坪)
機能: コワーキングスペース、シェアオフィスほか
※Plug & Play社が提供するアクセラレートプログラムの参加者のほか、イノベーションを求める多様な企業の入居を予定。

■Plug & Play社のコメント
Plug & Play社は、業界を牽引する大手企業や政府・大学機関と一丸となり革新的な技術やアイディアを持つスタートアップの支援を行っている世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタルです。

2006年の創業以来、毎年150社以上の企業に出資し、DropBoxやPaypal、近年ではLendingClubといったユニコーン企業を多数輩出してまいりました。現在、世界10カ国に拠点を拡大し、グローバルなベンチャーエコシステムの構築において重要な役割を担っています。

今回、東急不動産と協働で渋谷にインキュベート施設を開設します。スタートアップイノベーションの中心と位置づけられている渋谷にはシリコンバレーと同じ文化を感じており、渋谷の活性化を企図する東急不動産と共に、日本を代表するスタートアップのための世界的な拠点づくりを進め、渋谷をより色鮮やかな都市にしていきたいと考えています。

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader