• Access

インドネシア・ジャカルタ中心部での大規模複合開発 「メガクニンガン プロジェクト」開発着手 日本国政府の出資する団体との共同事業 

2017年12月22日 インドネシア海外事業

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、現地子会社である東急不動産インドネシア(本社:ジャカルタ首都特別州、社長:斎藤 圭司、以下TLID)を通じ、インドネシア共和国のジャカルタ市内中心部(CBD)にあるメガクニンガンエリアで分譲住宅・賃貸住宅・商業施設からなる大規模複合施設開発事業「メガクニンガン プロジェクト」に着手することになりましたのでお知らせします。

本プロジェクトは日本国政府などが出資する株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区、以下、JOIN)の参画を得て共同で開発を進めます。

本物件はジャカルタ市内中心部(CBD)に位置し、市内有数の大規模再開発が進んでいるメガクニンガンエリア内の約1万㎡の敷地で分譲住宅・賃貸住宅・商業施設からなる大規模な複合施設開発・賃貸運営事業になります。

現在、東急不動産ホールディングスグループが開発を進める高層分譲マンション「BRANZ SIMATUPANG」と「BRANZ BSD」に次ぎ、今回の事業はインドネシアで3物件目となる当社グループ主導型の都市型開発事業となります。また当社グループにとってインドネシアで初めて行う大規模複合施設開発・賃貸住宅運営事業となります

お知らせの詳細はPDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader