• Access

<あまがさきキューズモールスマイルプロジェクト第5弾>続報 地元中学生のアイディアをキューズモールが実現 世界各地の難民や被災者へ衣料品を届けます ~2018年3月24日(土)より開始~

2018年03月28日 商業施設

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)および、東急不動産SCマネジメント株式会社(本社:東京都港区、社長:佐藤一志)は、運営管理するショッピングセンター「あまがさきキューズモール」において、オリジナルキャラクター「アマーガガ」の形をした「衣料品寄付ボックス」を2018年3月24日(土)より設置しました。

これは、スマイルプロジェクト第5弾『僕達・私達のまちのよりよい未来』の取り組みとして、地元の公立中学校にご協力いただき、「まちのよりよい未来のために、キューズモール内にこんなモノがあったらいいな。」というアイディアを募集したもので、応募いただいたアイディアをもとに、あまがさきキューズモールが企画・実現しました。「衣料品寄付ボックス」は不要になった衣類を寄付いただくもので、回収された衣類は認定NPO法人日本救援衣料センターを通じて、世界各地の難民や被災者のかたがたに贈られます。

なお、3月24日(土)には、応募いただいた地元中学生への表彰式と、「衣料品寄付ボックス」のお披露目式も開催いたしました。

キューズモールは、地域の子ども達が、まちのよりよい未来のために子ども目線でまちを考え、提案する貴重なアイディアを実現させることによって、さらに地元に愛着を持つきっかけを作りたいと考えています。

■「衣料品寄付ボックス」実施概要

◇概要
地元の公立中学校である小田中学校・小田北中学校・大成中学校の3校にご協力いただき、中学2年生の冬休みの課題として、「まちのよりよい未来のために、こんなモノがあったらいいな。」というアイディアを募集。応募いただいたアイディアをもとにあまがさきキューズモールが企画し、2018年3月24日(土)よりあまがさきキューズモールに「衣料品寄付ボックス」を設置しました。お客様が不要になった衣類を寄付いただき、認定NPO法人日本救援衣料センターを通じて、世界各地の難民や被災者のかたがたに寄贈します。

◇設置場所 2階 インフォメーション横
◇寄付先 特定非営利活動法人 日本救援衣料センター

衣料品寄付ボックス.jpg

■「僕達・私達のまちのよりよい未来」表彰式&「衣料品寄付ボックス」お披露目式を開催
2018年3月24日(土)、あまがさきキューズモールにて、「僕達・私達のまちのよりよい未来」へ寄せられた、およそ380のアイディアの中から、佳作以上の入選を果たされた中学生を招待し、佳作、優秀賞、そして最優秀賞にあたるあまがさきキューズモール賞の発表と、表彰式を開催しました。併せて、応募いただいたアイディアをもとにあまがさきキューズモールが企画・実現した、「衣料品寄付ボックス」のお披露目式も開催しました。

表彰式写真1.jpg表彰式写真2.jpg

■スマイルプロジェクトとは
キューズモールがブランドスローガンとして掲げる「街は、おおらか。人は、ほがらか。」を実現するべく、地域一体となって、エリアの活性化を目指して展開する取り組みです。

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader