• Access

国家戦略特別区域計画の特定事業「(仮称)竹芝地区開発計画」首都高速道路上空に歩行者デッキの取付工事が完了 首都高速通行止めの夜間工事にて、浜松町/竹芝両地区をつなぐ"架け橋"を一括架設

2018年07月09日 都市事業都市開発

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)と鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味至一)は、2社共同で開発する「(仮称)竹芝地区開発計画:以下、本プロジェクト」を推進中です。この度、本プロジェクトの一環として、浜松町駅から首都高速都心環状線の上空を跨いで、竹芝駅・竹芝ふ頭に至る、全長約500mのバリアフリー歩行者デッキを整備する上での要となる、首都高速都心環状線上空の歩行者デッキの夜間一括架設工事を、鹿島建設の施工により2018年7月7日深夜(工事完了:7月8日午前2:00)に実施しました。
工事は、22:00~翌5:00までの7時間、首都高速道路を全面通行止めし、550t吊オールテレーンクレーンを用いた一括架設工事として行いました。あらかじめ地上で組立てられた今回架設部分約22.3mの歩行者デッキが、クレーンによって吊り上げられ、ゆっくりと旋回したのち首都高上空の所定位置へと架設されるまで、約40分間にわたるクレーン作業が、大勢の関係者が見守る中、無事完了しました。
  工事写真_1.jpg  工事写真_2.jpg

リリースの詳細は、PDFをご確認ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader