先輩社員の声08榊原 彰子Sakakibara Syoko

2002年度入社
経理部 経理グループ

先輩社員の声08 榊原 彰子

短時間勤務制度を利用し子どものお迎えへ

大小かかわらず、そのプロジェクトを「事業」として成り立たせる屋台骨となるのが経理の仕事だ。新規プロジェクトが社内で動き出せば、税務、会計が基準を満たしているかどうか、必ず経理が相談を受ける。

「自分が経理で関わったリゾート案件がニュースリリースされると、やっぱりうれしいですね」

そう語る榊原。プロジェクトの経理相談を受けるほか、会社経理としての伝票確認はもちろん、東急不動産ホールディングス株式会社の連結決算業務も兼務している。デスクワークをこつこつと進め、打合せをこなしていく榊原だが、毎日16時すぎになるとスッと席を立ち退社。学童で待つ7歳の息子と、保育園で待つ3歳の娘を迎えに行く。通常の退社時刻は18時だが、榊原は短時間勤務制度を利用している。

「制度を利用して、2011年から退社時間を16時00分に変更させてもらいました。また、午後から子どもの学校行事がある日はテレワーク勤務制度を利用して、午前中のみ自宅で仕事をしています」

先輩社員の声08 榊原 彰子

支えは職場の雰囲気とチームワーク

テレワーク勤務制度は2016年度に始まった新しい制度だ。会社のパソコンを持ち帰って自宅で会社同様に仕事を進めることができ、出退勤管理はパソコンのログイン記録によって管理される。

「通勤時間がなくなるので、そのぶん仕事をする時間も、子どもと接する時間も増え助かっています。とはいっても、繁忙期はどうしても仕事が終わらず途中から業務を同僚にお願いすることもあります。みんなで仕事をまわしていこう、という経理部のチームワーク、雰囲気に助けられています」

息子が小学校に通い始め、子どもを迎えに行く場所も行事も2倍に増えため、今が一番大変な時期だという榊原。近所に頼れる親族もいないため、制度を利用することで乗り切っており、上司や同僚の理解が支えになっているという。

「悩んでいるときには女性の先輩社員によく相談します。不動産業界のなかでは女性社員が比較的多いのも、特徴のひとつだと思います」

先輩社員の声08 榊原 彰子

注目したのは、女性活躍の実績

女性採用人数の多さは、学生時代、不動産事業に興味を抱いていた榊原が就職活動の末、東急不動産への入社を決めた理由のひとつでもあった。

「私が就職活動をしていた当時、まず女性の総合職を採用している会社は限られていました。大手ディベロッパーのなかで女性がすでに活躍している実績があり、なおかつ社風がおだやかで自分に合いそうだったこと、事業範囲が広いことが東急不動産に入社する決め手になりました。東急ハンズなど、まちづくり以外にもおもしろいことに取り組んでいる会社だと思っていました」

もともと結婚や出産で退社するつもりはなかったという榊原。入社後、実際に女性リーダーや先輩女性社員の姿が、励みになっていった。

「コーポレートカラーのグリーンは、社内の雰囲気をよく表していると思います。みんな穏やかで、先輩、後輩、同期かかわらず仲がいいです。プライベートでも交流がありますよ」

休日、同僚と遊ぶことも多かったという。

先輩社員の声08 榊原 彰子

人と一緒に、人の笑顔が集う場をつくる

現在、経理としてウェルネスユニット(リゾート事業)に携わっている榊原だが、リゾートはもともと最も興味のある事業だった。

「非日常を作り上げる、夢のある事業だと思います。子どもが大きくなったら、自分が経理として参加したプロジェクトの施設に連れていきたいですね。また、いずれは開発者としてプロジェクトに関わりたいと思っています」

ディベロッパー業の魅力を聞くと「暮らす人、働く人、訪れる人を笑顔にする場を提供すること」、東急不動産の自慢できるポイントを聞くと「人」と答える榊原。東急不動産にどんな人材を迎え入れたいと考えているのか。

「どの部署でも、人と一緒に仕事をする機会が多い会社です。主体性があって前向きな人、協調しつつも、嫌みなく人にものをお願いできる能力が求められるのではないでしょうか。また、事業範囲が広いのでたくさんの知識が必要です。そういう勉強を続けられることが大切だと思います」

先輩社員の声08 榊原 彰子

■1日の流れ 

7:40
長女とともに家を出る
8:00
保育園到着。長女を預け、体調報告をする
9:00
出社。コーヒーで一休み。メールチェック、デスクワーク
10:00
社内打ち合わせ
11:00
デスクワーク(PC作業、伝票処理など)
12:30
昼食
14:00
社内打ち合わせ、会計税務相談など
15:00
デスクワーク(PC作業、伝票処理など)
16:15
退社
17:30
学童へ長男を迎えに行く
17:45
保育園へ長女を迎えに行く。子ども達の習い事送迎、通院、食材の買い出しなど
18:30
帰宅。夕食作り、子ども達と夕食、入浴、宿題チェック
21:00
子ども達の寝かしつけ
21:30
片付け、翌日の準備などの家事

※本記事記載の情報は2017年12月現在のものです。