• Access

イノベーション創出の活性化に向けて、スタートアップ共創を本格展開 広域渋谷圏にてベンチャーキャピタルと共に、スタートアップ向けオフィス「GUILD(ギルド)」を開設 昨年11月開設の「Plug and Play Shibuya」利用者増によりスケールアップ

2018年07月09日 オフィス

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、渋谷におけるイノベーション創出の更なる活性化を図るため、スタートアップとの共創を本格展開しています。このたび、ファンドへの出資を通じて当社と関連するベンチャーキャピタルと連携し、スタートアップ向けのスモールオフィス・コワーキングオフィスである、「GUILD Aoyama(ギルドアオヤマ)」「GUILD Shibuya(ギルドシブヤ)」の2つの施設を開設。この2つの施設を皮切りに、今後、広域渋谷圏においてGUILDシリーズを展開していくことをお知らせいたします。
  sizedown_D_image_aoyama.png  sizedown_D_image_shibuya.png

■渋谷から世界を変えるスタートアップが集う場を
当社は、渋谷駅周辺を中心としたエリア一体を広域渋谷圏と定め、都市開発の重点拠点として位置づけています。この広域渋谷圏が、活力の源泉たるスタートアップから選ばれるまちであり続けるよう、単なる「場」の提供・管理だけにとどまらず、革新的なビジネスの誕生に向けた様々なサービスをトータルに提供し、スタートアップとの共創を本格展開しています。
本施設は、既存ビルをリノベーションした、スタートアップ向けの新たなスモールオフィスで、渋谷でコワーキングスペースからの独立や、新たに渋谷への進出を希望するスタートアップの需要に応えるべく、開設しました。
家具付きの小割専有オフィスのほか、共用ラウンジを設け、交流を生み出す場を提供します。また、当社と関係するベンチャーキャピタルが本施設に入居することで、日常的にスタートアップの成長を手助けする環境を整えました。
入居にあたっての各種条件(賃料、敷金、期間等)や、移転にあたっての相談、資金需要、当社グループ会社との事業連携など、本施設を管理するベンチャーキャピタルを通じて届けられる各種要望や提案に対し、当社はパートナーとして協業することで、広域渋谷圏での新しい産業創出を支える役割を果たします。

詳細は添付のPDFでご確認ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader