• Access

再開発エリア内の建物を活用した、新しいカタチのコミュニティサロン 街の情報発信・地域交流スペース「subaCO(スバコ)」を開設

2018年09月03日 都市開発

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)は、神宮前六丁目地区市街地再開発事業に参画し、現在計画を推進中です。この度、再開発事業着手までの期間限定でエリア内の既存建物を活用し、誰でも気軽に立ち寄れる、街の情報発信拠点・地域の交流スペース「subaCO(スバコ)」を9月7日(金)に開設することをお知らせします。また、そのスタートとして9月7日(金)~17日(月・祝)の期間、都市回遊型イベントの「ソーシャルイノベーションウィーク渋谷」に参加し、その一会場として様々な情報発信をしてまいります。

当社は、これまでも再開発エリア内における建物有効活用とエリアの賑わい創出を目的に、路面リノベーション型期間限定情報発信スペース「Q's spot(キューズスポット)」を展開しており、企業や個人が新しいトレンドやビジネスをはじめる"きっかけの場所"を提供しています。この度開設する「subaCO(スバコ)」は、街の魅力向上につながる情報発信拠点として、地域の人々や来街者をはじめとする全ての人々に開かれた空間として、誰もが気軽に立ち寄れるコミュニティサロンを目指しており、どちらも街の賑わい創出を図ることを目的としています

subaCO_image_HP用.jpg 利用イメージ_HP用.jpg

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader