• Access

シルバーウィークのお出かけにぴったり!ブルックリン発の野外フードマーケット「スモーガスバーグ」日本最大級・関東初開催出店店舗ついに決定!

2018年09月03日 住宅事業分譲住宅

スモーガスバーグさいたま新都心実行委員会は、2018年9月22日(土)~9月24日(月・振休)の3日間、総計画戸数約1,400戸の大規模分譲マンション《SHINTO CITY(シント シティ)》建設予定地(JR「さいたま新都心」駅より徒歩5分)にて、野外フードマーケット「スモーガスバーグ さいたま新都心」を開催いたします。

続々と出店店舗が決定しており、namida、BEAVER BREAD、THE GOOD VIBES、 Salmon & Troutなど約60店舗が出店予定です。本場NYブルックリン「スモーガスバーグ」からは、BONA BONA、BURGER SUPREME、BONSAI KAKIGORI、CHEEZUSの出店が決定しています。

また、日本で肉料理といえば和知シェフ、と言われるほどの肉焼きの名人、マルディグラオーナーシェフ・和知 徹氏による"肉焼きライブ"を実施予定。和知シェフが鉄板で焼いた厚切り肉を、その場で切り分けて提供いたします。

【スモーガスバーグ さいたま新都心 公式HP URL】http://shintocity.jp/smorgasburg/

「スモーガスバーグ」とは、ニューヨーク州ブルックリンで毎週末開催されている移動型野外フードマーケットで、Brooklyn Flea社による厳しい審査に合格した店舗だけが出店できるものです。ラクレットサンドウィッチやジューシーなチーズバーガー、日本では決して食べられないアイスクリームなどを扱う店舗が軒を連ね、2011年の初開催以降、ニューヨークでは定番の人気スポットになっています。

「スモーガスバーグ さいたま新都心」では、割烹からスペイン料理・イタリア料理までさまざまな料理も味わえ、都心からも近く、本場ブルックリンの雰囲気が楽しめる今秋注目のおでかけスポットとなります。

昨年、日本初開催となった「スモーガスバーグOSAKA」は、雨天であったにも関わらず、3日間で2.5万人が来場し、大盛況のイベントとなりました。当日はニューヨークの人気店「CARNAL(カーナル)」が来日出店したほか、多くの常連客で賑わう心斎橋の人気居酒屋「梅の湯」や中津を拠点に展開する人気カフェ「カンテ グランデ」、"世界を食で繋げる"を胸に海外でポップアップイベントを展開しているシェフ集団ユニット「オハシズム(市松、nico)」などが限定メニューを販売しました。

詳細はpdfおよびHPをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader