• Access

オトとヒカリの祭典に、約5,000人が来場。プロジェクションマッピングの魅力を堪能 「竹芝Town of Light Festival」(初開催) 「TAKESHIBA Seaside Music & Dining」(第4回竹芝夏ふぇす)

2018年09月18日 都市事業都市開発

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)と鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味 至一)は、2社共同で開発する「(仮称)竹芝地区開発計画」におけるエリアマネジメントの一環として、一般社団法人竹芝エリアマネジメントとともに地域活性化を目的とした第4回竹芝夏ふぇす「TAKESHIBA Seaside Music & Dining」とプロジェクションマッピングを使用した初のイベント「竹芝Town of Light Festival」を開催したことをお知らせします。(第4回竹芝夏ふぇす「TAKESHIBA Seaside Music & Dining」は8/22~24の3日間、「竹芝Town of Light Festival」は8/22~24、27,28の計5日間行いました。)

開催期間中は、地域住民の方や近隣の就業者を中心に多くのお客さまにご来場いただき、音楽と飲食を楽しみながら夜の竹芝ふ頭でのひとときをお過ごしいただきました。特に大型プロジェクターを使った、小笠原諸島返還50周年をテーマにした「OGASAWARA 50 COLORS」には、屋外での投影でしたがクリアなプロジェクションマッピングの映像美とライティングの幻想的な雰囲気を楽しんでいただけました。

詳細はpdfをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader