• Access

人工芝×ドライミストでお台場「デックス東京ビーチ」に新たな憩いの場を創出 「シーサイド広場」 2018年9月22日(土)開設 東京都の「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」に認定

2018年09月20日 商業施設都市事業

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)および、東急不動産SCマネジメント株式会社(本社:東京都港区、社長:粟辻稔泰)は、運営管理する東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」(所在:東京港区台場1-6-1)に、新たな来館者の憩いの場として「シーサイド広場」を、2018年9月22日(土)より開設します。
「シーサイド広場」は、お台場海浜公園に面した3F シーサイドデッキに開設します。人工芝を敷き詰めた約160㎡の広場では、気温が高い日にはドライミストが発生し、来街者に憩いのひと時を提供します。今後、同広場では音楽ライブやパフォーマンスなどのイベントの開催も予定しています。
なお、同広場の開設は東京都の「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業(※)」の平成30年度対象事業に認定されており、競技会場も近く、訪日外国人旅行者も多く訪れるお台場エリアの暑さ対策として設置するものです。

※東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業東京では、猛暑日や熱帯夜が増加するなど夏の暑さが課題となっており、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催といった観点からも、暑さ対策を進めていくことが求められています。そこで東京都では、競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和するクールエリアを創出する事業を推進しています。

【画像】シーサイド広場_HP用.jpg

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader