• Access

再開発が進む「渋谷」駅徒歩7分、販売予定価格1.2~7.1億円台、専有面積56.44㎡~215.30㎡ 「ザ・パークハウス 渋谷南平台」始動 ~2018年10月6日(土)モデルルームグランドオープン~

2018年10月03日 住宅事業分譲住宅

三菱地所レジデンス株式会社と大林新星和不動産株式会社と東急不動産株式会社は、東京都渋谷区にて開発中の「ザ・パークハウス 渋谷南平台」(総戸数100 戸)のモデルルームを2018 年10 月6 日(土)にグランドオープンします。
本物件は、2018 年7 月3 日に物件ホームページを開設後、1,100 件超のお問い合わせをいただいており、10 月下旬に販売開始を予定しています。竣工は、2019 年11 月中旬予定です。

PH渋谷南平台.jpg

「ザ・パークハウス 渋谷南平台」外観完成予想CG

【「ザ・パークハウス 渋谷南平台」の特徴】


① 再開発が進む「渋谷」駅徒歩7 分の稀少立地
閑静な住宅街である南平台エリアに位置しながら、官民一体の大規模再開発により大きく変化を遂げようとしている街「渋谷」に住まう稀少性。JR 山手線・東急東横線・東京メトロ半蔵門線等9 路線が乗り入れる「渋谷」駅徒歩7 分という高い交通利便性。
② 供給の少ない南平台アドレスで11 年ぶりの分譲、販売予定価格は1.2~7.1 億円台
渋谷区南平台アドレスでの供給は、1995 年以降4 物件のみであり、直近の物件は2007 年の販売。
三菱地所グループとしても2005 年の「パークハウス南平台コートレジデンス」(総戸数13 戸)以来13 年ぶりの供給。販売予定価格1.2~7.1 億円台、坪単価は同アドレスで過去最高を予定。
※自社調べ(1R 物件等除く)。
③ 専有面積56.44 ㎡~215.30 ㎡、こだわりの設備仕様
バルコニー側に居室を配し、陽光を多く取り入れたプランや豊富な収納を設けたゆとりある空間など、1LDK(56.44 ㎡)~3LDK(215.30 ㎡)、全23 タイプの多彩なプランバリエーション。室内廊下には60cm×60cm 角の天然石、フローリングには天然の突板を採用するなど、こだわりの仕様。
④ 洗練された共用部と上質なサービス
突然の来客にも対応できるコミュニティラウンジや、思い思いの時間を過ごせるマスターラウンジ等の共用部にはイタリア「Minotti」社のインテリアを配置。クリーニング取り次ぎやタクシー手配等に対応するコンシェルジュサービスはもちろん、車寄せで専属スタッフが入出庫を代行するバレーサービスを「ザ・パークハウス」で初導入。セルリアンタワー東急ホテル内フィットネスクラブの利用が
可能なほか、東急百貨店と連携した外商サービスや専用サロンでのおもてなし等も展開予定。

詳しくはpdfをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader