• Access

(仮称)南平台プロジェクト ビル名称を「渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)」に決定 渋谷発のビジネスや企業をサポートする施設として会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート渋谷南平台」が5月15日開業予定

2019年01月15日 オフィス Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、当社が一般社団法人道玄坂121の一員として推進中の(仮称)南平台プロジェクトのビル名称を、「渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)」に決定したことをお知らせいたします。この名称は、SOLA(空)+SOLAR(太陽)+STAGE(ステージ)の造語で、晴れやかな空の下で多彩なワーカーが活躍する舞台(ワークプレイス)となって欲しいとの意味を込めたものです。

本ビル内には、当社が都内で展開している会員制シェアオフィス「Business-Airport(ビジネスエアポート)」の8店舗目となる「Buisiness-Airport Shibuya Nanpeidai(ビジネスエアポート渋谷南平台)」が2019年5月15日(水)に開業予定です。多様な人々が集い、様々なワークスタイルが望まれるこの渋谷において、新たな"働く場"を提供してまいります。

なお、当社の本社機能も2019年8月を目途に、本ビルに移転する予定です。

ソラスタロゴ.png★170224_渋谷NP_T02_HP用sizedown.jpg

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ