• Access

「渋谷フクラス」 観光支援施設の企画設計でJTBコミュニケーションデザインと協業 総合プロデューサーにタイムアウト東京代表の伏谷博之氏、 内装デザイナーに青木淳氏を起用 〜体験空間をあわせ持ったこれまでにない新しい観光支援施設を創出〜

2019年01月31日 都市開発 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、「渋谷フクラス※」1階部分に観光支援施設の設置を計画しております。このたび、株式会社JTBコミュニケーションデザイン(本社:東京都港区、社長:細野 顕宏)と、本観光支援施設の企画設計を共同で進めていくことが決定しましたので、お知らせいたします。

※「渋谷フクラス」は、当社が組合員および参加組合員として参画する道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合で推進中の第一種市街地再開発事業(以降、本プロジェクト)のビル名称です。

■ 総合プロデューサーにはタイムアウト東京代表の伏谷博之氏、内装デザインには青木淳氏を起用
株式会社JTBコミュニケーションデザインは、約30年にわたり企業や自治体などの訪日プロモーションのサポートを行うなど、訪日観光客をターゲットとしたコミュニケーションにおいて多くのソリューションを提供しています。同社のインバウンドマーケティングの知見と、当社の街づくりにおける知見とを組み合わせることで、これからの「エンタテイメントシティSHIBUYA」にふさわしい、まったく新しい観光支援施設を作り上げていきます。さらに、今回、本観光支援施設をさらに魅力的に仕上げるチームとして、世界39か国108都市で発行されているシティガイド「タイムアウト」の東京版を発行するタイムアウト東京代表の伏谷博之氏(ORIGINAL Inc.代表取締役)を総合プロデューサーに、内装デザインには公共施設からルイ・ヴィトンの店舗など多様な施設の建築デザインを手掛ける青木淳氏(青木淳建築計画事務所)を迎えます。

setumei.png

■ 場所×コンテンツ×コミュニケーションを組み合わせたこれまでにない観光支援施設
2018年に史上初めて3,000万人を超える(※日本政府観光局(JNTO)調べ)など、訪日外国人が急増する中、渋谷もショッピングや街の探索を楽しめる魅力的なスポットとして多くの外国人が訪れています。「渋谷フクラス」1階に、一般路線バスや空港リムジンバスも乗り入れる予定のバスターミナルと観光支援施設を併設することで、「渋谷の西の玄関口」として、渋谷駅周辺の国際競争力を一段と高めることを目指しています。
本観光支援施設では、「場所」「コンテンツ」「コミュニケーション」の3つの要素を複合的に組み合わせることで常に変化を生み出し、驚きや感動、楽しさを感じていただけるような、これまでにない観光支援施設を形成していきます。

詳しくはpdfをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ