• Access

~世界的スノーリゾート「ニセコ」に大規模新施設~ 「マウンテンセンターアネックス」が12月7日に開業 スキー場利用客の利便性を大幅に向上

2019年10月09日 リゾート Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:大隈 郁仁)、ニセコ東急リゾート株式会社(本社:北海道虻田郡、社長:磯目 伸二)、株式会社東急リゾートサービス(本社:東京都渋谷区、社長:熊沢基好)は、北海道虻田郡倶知安町のニセコ地区にて経営及び運営・管理するスキー場、「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」で、ゲレンデ下に隣接した施設「マウンテンセンターアネックス」を新設し、2019年12月7日に営業を開始することをお知らせいたします。本施設は既存の「マウンテンセンター」と合わせてスキーやスノーボードのニセコ最大級のレンタル拠点となるほかやレンタル道具の預かりサービスなども備え、ニセコ地区で増加を続けるインバウンドを含む国内外のスキー場利用客の利便性の大幅な向上を図ります。

ニセコ1.jpgマウンテンセンターアネックス イメージ

国土交通省が発表した2019年基準地価において、住宅地ではニセコ地区が上位10位のうち3地点を占めており、外国人観光客数も2008年からの10年間で約8倍増加するなど、ニセコは国内外の多くの方から人気を集めています。来場者の増加に伴いレンタルの需要も大幅に増加し、繁忙期を中心に非常に混雑する状況となりました。今回の新設は、レンタルを大規模に拡張することで、スキーヤー・スノーボーダーから高い評価をいただいているニセコの雪質を手軽に楽しんでいただき、これまで以上に充実したウインターリゾートを体験していただくことを目的としています。「マウンテンセンターアネックス」はヒラフゴンドラ山麓ステーション横、また初心者向けのホリデー第1ペアリフトの目の前に位置する抜群のロケーションで、ゲレンデへのダイレクトなアクセスが可能です。

詳しくはPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ