• Access

(仮称)竹芝地区開発計画 街区名称を決定 東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)~ 東京都「MaaSの社会実装モデル構築に向けた実証実験」に参画決定などスマートシティの実現や、国際ビジネス拠点化に向けた街づくりが進捗 ~

2019年11月05日 都市開発 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:大隈郁仁)と鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味至一)は、共同で開発中の「(仮称)竹芝地区開発計画(以下、本計画)」の街区名称が「東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)」に決定したことをお知らせいたします。

竹芝ロゴ.jpg

(商標登録出願手続き中)


1.街区名称「東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)」に込めた想い

街区名称「東京ポートシティ竹芝」には、可能性に溢れた竹芝の街が新時代の国際ビジネス拠点となることへの想いを込めています。新たな文化を生み出してきた「Port(港)」が、デジタル×コンテンツを軸に、人、情報、ビジネスをつなぎ、職住近接による新たなスタイルを生む都市(City)になることの想いを「PORTCITY」として表現しました。また、世界を代表する国際ビジネス拠点となる意志を「TOKYO」に、地域の豊かな自然や文化と共に成長していく想いを地区名称である「TAKESHIBA」に込めて名称に加えました。

また、ロゴには「TOKYO」の中核を担うランドマークとしての発展の願いを込めており、『PORTCITY』の頭文字である『P』と、オフィスタワー・レジデンスタワーからなる2つの建造物をモチーフに、多様な出会いや価値の集積から生まれる新しい可能性を表現しています。

本計画は、東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つとして行われるもので、国家戦略特別区域計画の特定事業における整備方針に基づき、オフィスタワーとレジデンスタワーから成る総延床面積約20万m2の複合再開発を進め、新たな国際ビジネス拠点を創出します。

詳細は添付のPDFでご確認ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ