• Access

2020年7月、渋谷駅西口の新たな歩行者デッキが供用を開始し、利便性の高い仮設歩行者ネットワークを構築します

2020年03月31日 都市開発 Facebookでシェア Twitterでシェア

渋谷駅街区開発計画の推進者である東急株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社が整備する「西口仮設通路」と、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合、東急不動産株式会社が整備する「渋谷フクラス接続デッキ」が、2020年7月中旬に供用を開始します。

渋谷駅西口では、今後渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟)や駅前広場・バスターミナルなどの再開発計画が本格的にスタートする予定です。それらの大規模工事に先立ち、渋谷駅と渋谷マークシティを接続する「西口仮設通路」を整備します。この「西口仮設通路」は、渋谷フクラスとも「渋谷フクラス接続デッキ」を通じて接続し、今後再開発が本格化する渋谷駅西口において、地上2階レベルでの利便性の高い仮設歩行者ネットワークを構築します。

また、渋谷駅から今回整備される「西口仮設通路」と「渋谷フクラス接続デッキ」を通り、渋谷フクラス内の歩行者通路および国土交通省関東地方整備局東京国道事務所が整備する渋谷駅西口歩道橋を経由することで、桜丘町エリアにも歩行者ネットワークが拡充され、回遊性が高まります。

なお、現在の東急百貨店東横店西館内の歩行者通路については、将来実施する東急百貨店東横店西館の解体工事の着手に合わせて閉鎖する予定です。

今後の詳細な工事情報や動線変更などについては、HP(https://shibuyaplusfun.com/infobox/)や現地案内などで、別途お知らせします。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ