• Access

HTC VIVEを活用し、バーチャルで共用部を体感可能に。インドネシアで展開する分譲マンション「BRANZシリーズ」初! 「BRANZ SIMATUPANG」

2017年02月22日 インドネシア

東急不動産(本社:港区、社長:植村仁)がジャカルタ市内で現地子会社である東急不動産インドネシア(本社:ジャカルタ首都特別州、社長:斎藤圭司、以下「TLID」)を通じ分譲中の高層タワーマンション「BRANZ SIMATUPANG」において、VR(バーチャルリアリティ)技術を使った手法での販売をマーケティングギャラリー内にて開始しましたのでご案内いたします。

本物件のマーケティングギャラリー内では新たな試みとして、最新のヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」を活用した体験システムを導入しました。体験ブース(幅3メートル、奥行3メートル、高さ2メートル)内ではヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーの動きに合わせて対角線上に設置するレーザー装置が反応し、動きと視界が連動することでより強い没入感を体験することができます。
※HTC VIVEはHTC Corporationの商標または登録商標です。
※本システムは広告代理業のジェイ・アンド・エフ(本社:大阪市)とCG制作業のQLEA(本部:東京都)が開発しました。

建設中の物件エントランスやホール、ラウンジといった室内空間の共用部をはじめ、3層吹き抜けの開放感あるグランドロビーやプール付きガーデンテラス、大型の車寄せなどが仮想空間に反映されます。
これまで完成予想図や映像によるビジュアル表現で購入検討者に完成イメージを訴求してきましたが、没入型で実寸大スケールでの体感が可能なVRシステムの導入によって、よりリアルな臨場感と体験を可能にしました。

VRシステム図.jpg VR図2.jpg

お知らせの詳細はPDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader