• Access

「健康経営優良法人2018」に認定  2017年度の認定開始より連続認定

2018年02月20日 コーポレート

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、経済産業省と日本健康会議が共催する健康経営優良法人認定制度において「健康経営優良法人2018」として認定されましたので、お知らせいたします。なお、当社は、昨年度の認定制度開始より連続で認定されています。

当社では、従業員の心身の健康と活力が企業の持続的な成長の基盤であるとともに、健康寿命の延伸は社会の要請に応えることであると考えています。そのため、取締役社長を「最高健康責任者(Chief Health Officer)」として、「健康宣言」および「健康方針」を定め、従業員の健康の維持・向上をはかる「健康経営」を進めています。

健康経営優良法人500_2018_大規模2.jpg

◆健康推進の取り組み事例

・メタボリックシンドロームの改善のため「特定保健指導」を2017年10月より開始
健康診断の結果により、生活習慣病の発症リスク数に応じて生活習慣の見直しが必要な「積極的支援」と「動機付け支援」の方を選び、生活の中でできる改善ポイントを管理栄養士や保健師などの専門職が指導します。

・「カラダ測定会」の実施
年に1度の健康診断の他にも、気軽にカラダを測定できる場として、「カラダ測定会」を定期的に行い、従業員の健康管理に努めています。

・健康応援サイト「KENPOS」の導入
健康情報管理、目標設定、行動記録のPDCAサイクルをWeb上で行える「KENPOS」を導入し従業員の健康づくりをサポートしています。

・健康に配慮した栄養満点の社員食堂
社員食堂では管理栄養士が毎日のメニューを考案し、従業員の健康維持向上に向けて積極的に取り組んでいます。

お知らせの詳細は、PDFでご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader