• Access

居住者の生活利便性を向上する専用アプリ BRANZアプリ(仮称)を『ブランズタワー芝浦』で導入 ~2020年1月11日モデルルームグランドオープン~

2020年01月09日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大隈 郁仁)は、暮らしにかかわる便利機能を搭載し、ご契約者の生活利便性を向上する専用アプリ「BRANZ(ブランズ)アプリ」(仮称)を開発したことをお知らせいたします。今後、新築のBRANZに順次導入していく予定で、1月11日にモデルルームをグランドオープン予定の「ブランズタワー芝浦」(所在:東京都港区、以下「本物件」)で初めて採用することを決めました。入居者に無償提供されるこのアプリは、スマートホームの操作を基本に、様々な住宅設備やサービスと連携しながら日々の暮らしをよりスマートにするお手伝いをいたします。

本物件では、このアプリ上から羽田空港へのタクシー相乗りサービスや、東急不動産ホールディングスグループの東急スポーツオアシスが監修したフィットネス動画を提供するサービス(初年度無料)と連携予定です。

詳しくはPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ