• Access

遠隔地からロボットで接客!ロボット店員が「実演販売」を行う実証実験を大阪南港ATCにて実施 ~サイバーエージェント・大阪大学・アルベログランデの共同研究グループにて2/29より実験開始~

2020年02月19日 都市事業 Facebookでシェア Twitterでシェア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の研究開発組織「AI Lab」および大阪大学大学院基礎工学研究科ならびに、東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:大隈郁仁)と鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味至一)の両社が東京都港区の開発プロジェクト「東京ポートシティ竹芝」を推進するために設立した事業会社である株式会社アルベログランデは、3者共同研究プロジェクトによる「遠隔操作ロボットによる実演販売実験」を、大阪市(委託先:AIDOR共同体)が開催するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」にて、2020年2月29日(土)と3月1日(日)の2日間、大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」にて実施いたします。


近年、労働力人口の減少や都市圏への人口集中を背景に、サービス業における人手不足が課題となっており、ロボットやAIの活用に期待が集まっています。また、業務効率化や自動化が進む一方で、働き方改革の一つとして遠隔勤務(リモートワーク・テレワーク)が注目されています。


このような背景のもと、大阪南港ATCにおいて卓上型コミュニケーションロボット「Sota®(ソータ)」※2を使用した「遠隔操作ロボットによる実演販売の実証実験」を行います。本実験では、大阪南港ATC内に実験用のポップアップショップを開設し、ロボットが店員となって商品を実演販売します。このロボットは遠隔操作が可能で、別の場所にいるスタッフがタブレットにて操作し、ロボットを介して顧客と会話を行います。


今回の実験では、サイバーエージェント「AI Lab」にて音声認識やロボット動作生成などの技術を活かし、操作者の能力を向上させる遠隔操作ロボットシステムの研究開発を行いました。そして、これら一連の遠隔操作ロボットによる接客・実演販売において、「売上向上への寄与」および「働き手の遠隔勤務を可能にする、サービス利用者が満足できる質の高いサービスを提供できるのか」の検証を行ってまいります。

※2/29、3/1 に予定していました上記実証実験は、
新型コロナウィルス感染症対策を考慮し、延期と致しました。

お知らせの詳細は、PDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ