Manami Shinohara 篠原 愛実前職:異業種

業務職 / 2017年入社
住宅事業ユニット事業戦略部

仕事も働き方も 自ら切り拓き ステップアップ

篠原 愛実

Career

  • 入社
  • 2020年
  • 住宅事業ユニット
    事業戦略部 業務推進グループ
  • 月次資金管理、予算策定、買収支援業務を担当
  • 2020年
  • 現在
  • 住宅事業ユニット
    事業戦略部業務推進グループ
    兼次世代事業企画グループ
  • 収支システム開発
    中計策定準備(業務推進グループ内)
    新規・DXを担当
  • 住宅事業ユニット
    事業戦略部
    次世代事業企画グループ
  • 新規事業案検討、DX推進を担当
  • あきらめられなかった
    デベロッパーへの夢

    私は高校生の時から「街づくり」に興味を持っており、デベロッパーに憧れていましたが、新卒で就職活動を行っていた当時、ほとんどのデベロッパーは総合職のみの募集でした。そうしたなかで、当時は事務職を中心としたさまざまなことに挑戦したい、ワークライフバランスを重視し長く働きたいと考え、希望の職種があった金融業界へ就職を決めました。

    それでもずっと「街づくりに携わりたい」という想いがあり、転職を決心。ちょうど私が転職を考え出したタイミングで、東急不動産がデベロッパーのなかでいち早く「業務職」の募集を始めたのです。総合職のサポートという位置付けでさまざまなことに挑戦でき、仕事とプライベートのバランスが取りやすい、まさに私が求めていた職種でした。

    東急不動産の「事業ウイングの広さ」も魅力的でした。人々の生活に密着したさまざまな事業を通して、人や街に大きな影響を与えられるところに惹かれ、入社を決意しました。

  • 「やってみたい」を
    応援してくれる環境

    業務職の場合、業務のレベルや幅は個人のスキルや意欲を考慮したうえで決めていただけます。私は異業種からの転職だったため、1年目は「基礎を身に付けたい」と上司に伝えていました。2年目以降は、基礎知識を活かしてステップアップしたいと考え、業務改善や提案、役員への報告や説明などにチャレンジしました。上司や先輩が私の力量に合わせて徐々に業務の幅を広げてくださったおかげで、着実に経験を積むことができました。

    上司も先輩も、「業務職だからここまで」ではなく、「サポートするから、やれるだけやってみて」と応援してくださるので、安心して挑戦することができます。その1つの例として、業務効率化を目的とした部門内のデータ整理の方向性とシステムの企画を自ら発案したことがありました。システム開発におけるベンダーの選定から協議、契約締結、要件定義策定、開発までを主担当として行い、今では現場で稼働しています。働く人のメリットを訴求し、提案から導入まで携わって大きな達成感を得られた貴重な経験です。

Schedule

  • 出社、メールチェック(スケジュール調整など)
  • 定例準備、庶務(土地情報登録など)
  • 新規ライン定例
  • 次回定例課題確認、打ち合わせ準備
  • 昼食
  • 新規事業関連業者との打ち合わせ(外出)
  • 打ち合わせの議事録作成、スケジュール調整など
  • 新規事業検討(情報収集・業者アポイントなど)
  • 新規事業関連の資料作成
  • 退社

責任と自覚を持って
仕事を生み出していく

東急不動産で働くうえで最も重要なのは、「自ら考え動く」ことだと考えております。そのため、能動的に動く周りの従業員から刺激を受けながら、私自身も日々新規事業案に関わる情報の取得や調査などを積極的に行い、「考える」「実行する」をくり返しながら業務を推進しています。


異業種からの転職をためらう方もいるかもしれませんが、経験者であるかどうかはそこまで重要ではありません。私も入社当初は、資料を見ても書いてある言葉などがまったく分からないということがありましたが、業務に必要な知識に関しては、上司や先輩がサポートしてくださいます。今は、自分自身が指導する際は、言葉をかみ砕いて説明することや、作業方法だけでなく作業目的と一連の流れを説明するよう意識しています。

東急不動産では、異なる業界で得た経験を仕事に活用していくことが期待されていると感じます。風通しの良い社風で、のびのびとスキルアップできる職場なので、心配することなく挑戦してみてください!

働く環境

働く環境