• Access

海外事業

東急不動産は、40年以上前から海外に進出し、さまざまな事業を展開しています。
インドネシア、アメリカ、中国を中心に、成長著しい地域で新たなビジネスフィールドを開拓しています。

世界へ拡げる不動産ビジネス世界へ拡げる不動産ビジネス

世界へ拡げる不動産ビジネス

1973年にグアムで宅地造成に着手し、パラオでもホテル用地の調査を開始したのを皮切りに、私たちの海外事業はスタートしました。1975年にはインドネシアに進出。これまでに累計4,500戸の戸建住宅を分譲するなど、着実に実績と信用を重ねています。 2007年には中国、2012年にはインドネシアとアメリカに現地法人を設立。現地のニーズに合わせながら、地域貢献と環境配慮を重視した宅地開発や再開発事業、不動産投資などを進めています。

東急不動産の海外事業拠点

東急不動産の事業拠点

インドネシアインドネシア

インドネシア

経済発展を続けるインドネシアでは、ジャカルタを中心に高級コンドミニアム、大規模分譲マンションなどの開発を行っています。

アメリカアメリカ

アメリカ

先進国の中でも人口増加を続けるアメリカでは、ロサンゼルス、ニューヨーク、ヒューストンなどで不動産投資を進めています。

中国中国

中国

巨大な不動産マーケット・中国では、上海、青島、大連で分譲マンション事業やサービスアパートメント運営を手がけています。

パラオパラオ

パラオ

自然との調和を目指し、開業30周年を迎えた「パラオ パシフィック リゾート」。パラオ共和国全体の経済発展にも大きく貢献しています。