• Access

都市開発

グローバリゼーションの進展により、ヒト・モノ・カネ・情報など、数々の資源が集まる「魅力的な都市」の存在は重要性を増しています。また、2020年の東京五輪開催に向け、グローバル都市TOKYOへの脚光が高まっています。こうした背景から、「都市間競争力の強化」は、いまや国家の重要課題です。私たちは、政府が掲げる成長戦略の推進やインバウンド需要の取り込みを図りながら、将来を見据えた都市開発を都内各所で進めています。

世界を魅了する「TOKYO」をつくる

東急不動産のエリア戦略

現在、私たちは「渋谷」「銀座」「浜松町・竹芝」の3つの都心エリアで、大型プロジェクトを進めています。 都内西側に位置する私たちのホームグラウンド「渋谷」では、100年に1度とも言われる渋谷駅周辺の再開発が進行中。近隣エリアを含む「広域渋谷圏」での広がりのある街づくりで、地域全体の活性化を図っています。
また、都内東側では、日本一の商業地「銀座」への初進出や、東京の玄関口「浜松町・竹芝」での都市再生など、東京に新たな人の流れをつくるプロジェクトが進行中。
住む人、働く人、遊ぶ人。都市で生活するすべての人が、それぞれのライフスタイルで、豊かな毎日を過ごせるように。「あなたを彩る街へ」―― それが私たちの都市開発にかける想いです。

広域渋谷圏

広域渋谷圏

「点」から「面」の開発で、
No.1ポジションの確立へ

渋谷を中心に、青山、表参道、原宿、恵比寿、代官山など、個性豊かな街が集まるエリア全体を活性化します。2020年度に向けて継続的な開発を行い、オフィス・商業施設での「No.1ポジション」を確立していきます。

広域渋谷圏へ

銀座

広域渋谷圏へ

伝統と革新の街に、
新たな「にぎわい」を生み出す

2016年3月、数寄屋橋交差点に「東急プラザ銀座」が開業しました。東急グループの「東の拠点」、そして銀座の「西の玄関口」として、エリアに新たな人の流れを生み出します。

銀座へ

浜松町・竹芝

竹芝

世界からお客さまを迎える
「国際都市TOKYOの玄関口」へ

東京湾に面し、羽田空港からのアクセスもよい浜松町・竹芝エリアで、東京都と共同でコンテンツ産業拠点をつくるプロジェクトなどを推進しています。街と人をつなぎ、新たな付加価値で都市を再生させる取り組みです。

浜松町・竹芝へ