• Access

トップメッセージ

東急不動産ホールディングスグループの中核企業として
共創による価値創造で、社会課題を解決する街づくりへ

大隈 郁仁

東急不動産は、東急不動産ホールディングスグループの中核企業として、都市事業、住宅事業、ウェルネス事業、海外事業などを展開する総合不動産企業です。1953年の設立以来、私たちは一貫して、新たな不動産ビジネスによる価値創造を追求してきました。
時代や社会環境の変化とともに事業領域を拡大させ、開発事業から管理・仲介事業、そして" 手の復権"を掲げて小売業にも進出しました。これらは現在、グループ傘下の東急コミュニティー、東急リバブル、東急ハンズとして、それぞれ独立した経営を行っています。
2000年以降は、主たる収益源を分譲からオフィス・商業施設などの賃貸へとシフトさせ、バブル経済崩壊やリーマンショックを乗り越えました。不動産証券化事業にも早くから参入し、安定収益による強い企業体質づくりに取り組んできました。

私たちは現在、実績に裏打ちされたデベロップメント力と安定した収益力を強みに、グループの指針となる中長期経営計画「Value Frontier 2020 価値を創造し続ける企業グループへ」の主翼を担うべく、東京五輪が開催される2020年をターゲットイヤーに各事業を展開しています。
2017年度からは、そのステージ2にあたる「中期経営計画2017-2020」がスタートしました。2020年度に向けて、当社では「ライフスタイル提案型の街づくり」および「循環型再投資事業の領域拡大」の成長戦略を推進しています。

「ライフスタイル提案型の街づくり」では、私たちのホームグラウンドである渋谷とその周辺エリアにおいて、面での開発やエリアマネジメントを進める「広域渋谷圏構想」を掲げ、渋谷の魅力向上に取り組んでいます。
また、分譲マンションとシニア住宅の複合開発により、高齢化や子育ての問題に取り組む「世代循環型の街づくり」にも注力しています。 多世代交流を育む街づくりの第一弾「世田谷中町プロジェクト」は、2017年9月に街びらきを迎えました。

「循環型再投資事業の領域拡大」では、循環型再投資の対象領域を、インフラ・インダストリー、ホテル・リゾート、学生レジデンスへと拡大し、関与アセット拡大および収益力強化を図っています。 2017年には、物流施設や学生レジデンスの開発事業にも参入しました。また、今後も継続的な経済成長が見込まれる米国において事業拡大を進めています。

私は共創による新たな価値創造こそが、変化する社会課題に柔軟に対応し、社会から必要とされ続けるための最良の道だと確信しています。 グループの中核企業としてシナジー創出を加速させるとともに、つねに新しいビジネスチャンスを模索し、ビジネスモデルの変革に挑戦しながら力強い成長をめざします。

企業として持続的成長を実現するためには、なによりもまず、私たち自身が「活力ある強い組織」でなければなりません。当社は2017年に「健康経営優良法人2017」の認定を受けましたが、これに甘んじることなく、引き続きリーダーシップを発揮し、「健康経営」および「働き方改革」を推進してまいります。
また、お客さまや社会からいただく「安心と信頼の東急」という評価を維持するため、コーポレートガバナンスやコンプライアンスの強化にも継続して取り組んでまいります。

私たちはこれからも、新しい住まい方、新しい働き方、新しい過ごし方を創造・提案し、積極的に世の中に発信していきます。たゆまぬ挑戦と進化を続ける東急不動産に、どうぞご期待ください。

代表取締役社長 大隈 郁仁