• Access

浜松町・竹芝

空と海の玄関口である「浜松町・竹芝」では、都有地を活用した国際ビジネス拠点づくりを進めるとともに、エリアマネジメントによる周辺地域の活性化にも取り組んでいます。

世界からお客さまを迎える「国際都市TOKYOの玄関口」へ

浜松町・竹芝は、国際金融などの中枢業務拠点である大丸有(大手町・丸の内・有楽町地区)や、高輪ゲートウェイ駅が開業して交通結節点としての注目が高まる品川・田町など、国際競争力の高い拠点に囲まれたエリアです。竹芝ふ頭から東京湾を臨む「海の玄関口」として発展し、羽田空港から至近距離にある「空の玄関口」としても地の利があり、近隣には緑豊かな2つの文化財庭園も存在します。

昨今、複数の大規模な再開発案件が進むこのエリアで、私たちは国際ビジネス拠点づくりを行っています。国家戦略特区の特定事業にも認定されたプロジェクトとして都有地を活用し、コンテンツ産業育成に資する民間施設と都立貿易産業センターを一体的に整備。「デジタル×コンテンツ」を軸に、世界中の人、情報、ビジネスをつなぎ、職住近接による新たなライフスタイルの創出をめざします。

また、浜松町駅から竹芝駅をつなぐ歩行者デッキの整備をすることで分断されていたエリア同士をつなぎ、官学民連携によるエリアマネジメントを推進するなど、エリア全体の魅力・活力を高める長期持続的な取り組みを進めています。

東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)

2020年9月開業予定の「東京ポートシティ竹芝」は、オフィスタワーとレジデンスタワーで構成された総延床面積約20万㎡の大規模複合施設です。データ活用やスマートビルの構築、ロボティクスやモビリティ、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、5Gなど、街全体で最先端のテクノロジーを活用する「スマートシティ」を実現します。

東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー

東京湾に面する竹芝地区を「CREATION PORT(新時代のビジネス港)」に変革することをめざして開発されたオフィスタワーは、リアルタイムデータ活用で快適さを追求した最先端の都市型スマートビルです。オフィスフロアのほか、商業ゾーンや「スキップテラス」などを整備し、水と緑を感じながら働く新しい都市型ワークスタイルを提案します。

スキップテラス

階段状に配置された「スキップテラス」は、多様なオープンスペースと緑を施したテラスです。「空・蜂・水田・香・菜園・水・島・雨」の8つの景からなる「竹芝新八景」を展開し、緑豊かな環境づくりを行うとともに、日本の都市における生物多様性の取り組みを発信していきます。

東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

レジデンス、シェアハウス、サービスアパートメントで構成されるレジデンスタワーは、最先端テクノロジーで快適な暮らしを実現する都市型スマートレジデンスです。多様なサービスを統合した入居者専用アプリや、あらゆる暮らしの「おうち時間」を充実させる共用施設・サービスなどを提供し、職住近接の新たなライフスタイルを提案します。

東急不動産 × 浜松町・竹芝エリア

汐留ビルディング
汐留ビルディング東京都港区海岸
地上24階、地下2階
2007年12月竣工
浜松町スクエア
浜松町スクエア東京都港区浜松町
地上20階、地下1階
2004年9月竣工

関連リンク