• Access

2019年03月20日

プロジェクト・ノート

「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」篇

沖縄県恩納村/2018年8⽉開業

Part 1

地元と心をひとつに、世界に誇れるホテルをめざして

東急不動産 開発プロジェクトチーム

近年、インバウンド需要が急増する沖縄。そのなかでも多くの観光客が訪れる沖縄本島屈指のビーチリゾート・恩納村に、2018年夏、当社が手がけるリゾートホテルが誕生しました。地元の方々と10年以上の歳月をかけて取り組んだ長期プロジェクト。その開発を担当したプロジェクトメンバーに話を聞きました。

インタビュー(写真は開業時担当者の6名)
伊藤 英明:東急リゾート株式会社 代表取締役社長/開発当時のプロジェクトリーダー(左から2人目)
高木 大地:ウェルネス事業ユニット ホテル・リゾート事業本部/現在ハイアットに出向中(一番右)
樽本 和正:ウェルネス事業ユニット ホテル・リゾート事業本部(右から3人目)

「瀬良垣島にホテルを」という地元の思いに応える。

伊藤:当社が2006年に瀬良垣島の土地を取得して以来、地域との関係づくりに最も心をくだいてきました。瀬良垣島は、沖縄本島と一本の橋でつながった離れ島です。そうした地理的特性もあって、開発には複雑な手続きが要求されることから、地元関係者や自治体の理解・協力は不可欠でした。特に漁業権や公共性への配慮が必要な海中道路の工事は、民間企業が単独で主導できるものではありません。そこで、地元の協力を得て恩納村にお願いし、公共事業として埋め立てを行ってもらうことで開発を進めました。そうやって地元と良好な関係を築くことができたのは、若手メンバーの存在が大きいと思います。彼らが現地に足繁く通い、時には常駐して、地元への説明や自治体の許認可取得などに粘り強く取り組んでくれました。

高木:私は東京から瀬良垣に通っていたのですが、現地に常駐して交流を深めていた前任者から綿密な引き継ぎを受けていたので、地元に溶け込むのにあまり時間はかかりませんでした。地元の方から「いつ引っ越してくるの?」とお誘いいただいてきましたが、念願かなって2019年2月から沖縄に赴任し、現在はハイアットの従業員としてホテル内で働いています。土地の取得から足掛け12年。ようやく迎えたホテルの開業時には、「親の代から『いずれ瀬良垣島にホテルを』と引き継がれてきた。その開業に立ち会えて最高だよ」と言っていただきました。地元の方々の支えがあってこそのプロジェクトなのだと、改めて実感しました。

自然と調和した沖縄No.1のホテルをつくる。

樽本:施設計画においては、フルサービスリゾートホテルとして必要な機能を備えながらロケーションを活かした後世に残る魅力的な施設とすることを目標としました。瀬良垣島は、「建物さえつくれば確実に良いホテルになる」と確信できるほど最高のロケーションですが、当社のリゾート事業の理念でもある『自然との調和』を基本としながらも居心地の良い空間と効率的な運営が可能な設備を合わせ持つことで、施設単体でもお客さまを魅了できるホテルにしたいと考えていました。目標実現のためのメッセージとして、設計・施工に携わるすべての関係者の方に「沖縄No.1のホテルをつくりたい」と発信し続けました。会社の垣根を超えて全員が同じ目標を掲げ、スピードやコストだけでなく良いものづくりを追求する。そんな想いを共有できたおかげで、質の高いホテルが完成したと自負しています。

高木:多様な関係者の皆様のおかげで完成したホテルですが、東急設計コンサルタントによる建築設計や石勝エクステリアによる植栽や東急Re・デザインによる家具施工など、東急グループのリソースを活用できた点も本プロジェクトの特徴です。今後のホテル開発においてもグループらしいものづくりを実現していきたいと思います。

独自の価値を提供し、地元とともに成長していきたい。

伊藤:このプロジェクトの目的は、ホテル開発による瀬良垣エリアの活性化です。つまり、器をつくることがゴールではなく、ホテルの魅力をさらに高めて地域に貢献することがゴールです。そのゴールに向け、地域とホテルの棲み分けに配慮しながら、地域とホテルの特性を融合させ相乗効果をもたらすことを第一に考えて、事業を推進してきました。今後も私たちは、ホテルの運営に積極的に関わり、ハイアットの関係者や地元の方々と協力しながら、地域全体を盛り上げていきます。

高木:ホテル開業の特別イベントで地元青年会の皆さまが伝統芸能「エイサー」を踊ってくださったのですが、地元の方とともに歩むホテルの姿勢を象徴するシーンのように感じられて、胸がいっぱいになったことを覚えています。これから地域を盛り上げ、ともに成長していく息の長いホテルに育てていくために、お客さまと接するハイアットのスタッフだけでなく当社も含めたすべての関係者で突き詰め、瀬良垣区をはじめとする地元の方々の声に耳を傾け、独自の価値を提供する、世界に誇れるホテルをめざしていきたいです。

Project Information

名称 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄
事業主体 東急不動産株式会社、NTT都市開発株式会社、株式会社ミリアルリゾートホテルズ
所在地 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地
敷地面積 39,476.74m2(11,941.71坪)
延床⾯積 38,448.87m2(11,630.78坪)
客室数 344室
付帯施設 レストラン・バー、スパ、プール、フィットネス、宴会場、チャペル等
開業⽇ 2018年8⽉21⽇