• Access

~ニューノーマルな時代へのチャレンジ~「東急ハーヴェストクラブVIALA鬼怒川渓翠」新築工事着工・会員募集開始 屋外・プライベート空間の充実、ワーケーションに対応

2021年03月10日 リゾート Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下「当社」)は、2021年3月1日に会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブVIALA鬼怒川渓翠(けいすい)」の新築工事に着手したことをお知らせいたします。なお、HPリリースは3月11日、会員権の募集開始は4月を予定しております。

本施設は、都心から約2時間でアクセス可能な鬼怒川・日光エリアに位置し、1992年に開業した「東急ハーヴェストクラブ鬼怒川」の隣地でのプロジェクトとなります。東武ワールドスクウェア駅徒歩3分の駅前好立地で、日光東照宮やいろは坂、中禅寺湖などの日光エリア観光名所までも、1時間程度での移動が可能です。

■ 「過ごし方」×「働き方」×「リゾート」 新たな価値の創造

本施設は、鬼怒川渓谷沿いという抜群のロケーションを活かし、渓谷の原風景を大事にしながら自然をより間近に感じられるよう取り込んだKINUGAWAテラスや、自家源泉を利用した温泉大浴場があります。また屋上には、都会では体験することのできない星空を堪能できる星見テラスや、貸切での利用が可能な家族風呂もご用意しており、リゾートならではの体験ができる施設が充実しています。
さらには、近年多様化する新ニーズの一つである「ワーケーション」でのご利用にも対応しており、最大高さ約8mの開放感ある窓から渓谷の自然を存分に感じながらラウンジで作業をしたり、チームビルディングの一環でファイヤーピットの炎を囲みながら語らったりすることが可能です。今後のニューノーマルな時代における、新たな滞在スタイルを提案します。

CMS用.png
詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ