• Access

東急不動産、東急リゾーツ&ステイ、凸版印刷、ワーケーション×センシングで新しい働き方のモデルを推進 従業員のパフォーマンスを向上させるプログラムの実証実験を開始

2021年04月22日 オフィスリゾート Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下 東急不動産)と東急リゾーツ&ステイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰明、以下 東急リゾーツ&ステイ)、凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)との3社は、新型コロナウイルス感染拡大下において「働き方改革」が進む中、ワーケーションをしながら個々人が自分に合ったパフォーマンス向上方法を試し、確認して実践できるプログラムの実証実験(以下 本実証)を2021年5月17日より開始予定です。

新型コロナウイルス感染拡大を機に、新しい働き方としてワーケーションの導入検討が進んでいるものの、実際の労働生産性に与える効果のエビデンスが少ないことが課題となっています。そのため企業はワーケーションの推進判断を行うことが困難となっており、制度の整備や普及が進んでいない現状があります。

このような課題に対して本実証において、凸版印刷は、センシングデータを活用して個々人が自分のパフォーマンスの向上を図れるプログラムの開発を行います。また、東急不動産と東急リゾーツ&ステイは、東急不動産ホールディングスグループ(以下 東急不動産グループ)が運営する全国のホテルでこれまで推進してきたワーケーションにおけるプランの拡充や課題発掘を行っています。

本実証により、両社は課題の抽出やプログラムの検証を行い、ワーケーションの普及によって得られる新しい働き方のモデルの実現を目指します。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ