• Access

東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業 特定建築者の業務に関する基本協定書を締結

2021年06月03日 住宅事業 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:岡田 正志)と京浜急行電鉄株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、取締役社長:原田 一之)により構成されるコンソーシアムは、2021年4月15日に「東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」の特定建築者(※)予定者に選定され、2021年6月2日に東京都と特定建築者の業務に関する基本協定書を締結し、特定建築者として本事業に参画することが決定いたしました。

泉岳寺駅は、地域を広域的に結節する機能を担っており、空港利用等への需要増に伴い、その重要性は更に高まっています。加えて周辺では、リニア中央新幹線の開業に向けて、東日本旅客鉄道㈱の品川車両基地跡地などを含め、国際交流拠点としての開発が進む計画であることから、今後の泉岳寺駅の利用者はさらに増加するものと見込まれています。このため、泉岳寺駅地区では東京都施行の市街地再開発事業により、鉄道施設や幹線道路などの都市基盤と一体的なまちづくりを進めています。

今般、本コンソーシアムは住宅や業務施設などが入る駅直結型の再開発ビルを整備する特定建築者として、エキマチ一体のまちづくりに貢献してまいります。

詳細はPDFをご覧ください。

※特定建築者:都市再開発法に基づき、市街地再開発事業において整備する施設建築物を施行者に代わり建築する民間事業者のこと

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ