• Access

2022年7月竣工予定の登録有形文化財建造物「旧九段会館」建て替え事業 新しい働きかたを実現する次世代型オフィスが誕生 ~アフターコロナにおける「健康」と「安心・安全」をサポート~

2021年06月08日 オフィス Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:岡田 正志)と鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:押味 至一)は、両社で登録有形文化財建造物である旧九段会館を一部保存しながら建て替える、(仮称)九段南一丁目プロジェクト(以下「本物件」という。)を推進中です。本物件において、「健康」「安心・安全」をテーマに、アフターコロナにおいて都心部に求められる持続可能な新しい働きかたを実現し、SDGsへの貢献をはじめとする社会課題を解決する次世代型オフィスを提供することをお知らせいたします。

本物件では、健康経営支援に実績のある東急不動産ホールディングスグループの株式会社イーウェル(以下「イーウェル」という。)ならびに本物件に入居するクリニックと連携して、健康経営をサポートします。イーウェルのアドバイスに基づいたハード面での健康経営サポート施設に加えて、従業員の健康管理に取り組み、「健康経営優良法人認定」を目指す入居企業に対しては、イーウェルが提供するコンサルティングサービスを通じて健康経営推進のお手伝いが可能です。

※「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ