• Access

「令和3年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」2事業に実証協力者として参画 ~再エネアグリゲーション事業構築による再エネ主力電源化への貢献を目指して~

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)は、経済産業省が実施する「令和3年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」(執行団体:一般社団法人環境共創イニシアチブ)の2事業に実証協力者として参画することをお知らせいたします。

本実証事業は再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化に向けて、発電量が変動しやすい再エネを束ねて制御する再エネアグリゲーション技術を向上させることを目的に実施するものです。当社は株式会社エナリスを幹事企業とする計17社でのコンソーシアム事業、並びに、東芝ネクストクラフトベルケ株式会社を幹事企業とする計28社でのコンソーシアム事業の2事業に実証協力者として参画いたします。

詳細はPDFをご覧ください。

※正式名称:令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証事業のうち再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ