• Access

二ューノーマル時代の暮らしの多様性に応えた新世代タワーマンション 「ブランズタワー大阪本町」開発 3つの「日本初」を備え、10月16日よりマンションギャラリー開業

2021年10月05日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:芳井 敬一)、住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:兵頭 誠之)及び株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙智 亮大朗)は、大阪市中央区南本町2丁目において、新築分譲マンション「ブランズタワー大阪本町(以下、「本物件」)」を発表いたします。当物件のマンションギャラリー(アマ・テラスパビリオン)は2021年10月16日(土)より開業いたします。

本物件は、東急不動産が大阪府下で分譲する9棟目となるブランズタワーであり、フラッグシップとすべく「ニューノーマル時代のくらしの多様性」に応える様々な企画を取り入れた超高層タワーマンションです。今回お知らせする企画の導入により、これからの都心生活の在り方を体現し、さらには新型コロナウィルスの影響を背景として変わりつつある人々の暮らしに応えることで、新たなライフスタイルを実現できる住まいを目指してまいります。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ