• Access

LGBTQへの取り組み指標「PRIDE指標」において最高位「ゴールド」を初受賞

2021年11月11日 その他 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田正志、以下、「当社」)は、企業・団体におけるLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ)(※1)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、最高位の「ゴールド」を受賞しましたのでお知らせします。

「PRIDE指標」は、LGBTQに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride」が2016年に策定した、企業・団体のLGBTQへの取り組みを評価する制度です。

PRIDE指標の詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。https://workwithpride.jp/pride-i/

当社は、多様な人材が安心して働ける職場を目指し、同性パートナーシップ規程の制定や研修の実施、LGBTQへのサポート体制を整えてきました。2020年は、「PRIDE指標」において、「シルバー」を受賞しております。2021年は、ダイバーシティに関する外部セミナーに登壇、また、アライ(Ally)(※2)の活動を会社としてサポートする仕組みを創出する予定で、これらの新たな取り組みが評価され、今回「ゴールド」を初受賞しました。

今後も、社内研修、啓蒙活動やイベントへの出展を継続していくことにより、個々の違いを認め合い、従業員が安心して活き活きと働ける環境の整備に努め、企業の成長につなげてまいります。

当社では、「東急不動産ホールディングスグループ人権方針」のもと、性別、年齢、国籍、人種、民族、宗教、社会的身分、障がいの有無、性自認、性的指向などによる差別をなくし、互いに尊重しあえる組織を創ることで、社会に対する価値提供に還元していきます。

詳細はPDFをご覧ください。

tlc_pride_gold.jpg

(※1)LGBTQ:レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)、クイアやクエスチョニング(QueerやQuestioning)の頭文字。セクシャル・マイノリティにはLGBTQ以外の多様なアイデンティティを持つ方もおられますが、PRIDE指標では便宜的にセクシャル・マイノリティ(性的指向、性自認に関するマイノリティ)の総称として使用されています。

(※2) アライ(Ally):LGBTQを理解し、支援する人を指します。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ