• Access

「東急プラザ表参道原宿」が取り組む施設内資源循環 SDGs達成の取り組みとして、施設内の生ごみ・プラスチックごみを新たな資源として活用

2021年12月03日 商業施設 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:岡田 正志、以下 東急不動産)および、東急不動産SCマネジメント株式会社(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:木内 伸好、以下 東急不動産SCマネジメント)は、「東急プラザ表参道原宿」において、株式会社komhamが独自開発した微生物群「コムハム」による生ごみ処理技術を活用し、施設内完結の資源循環を目指すプロジェクト「PASS THE BATON-OMOHARA」、ならびにレコテック株式会社の資源循環プラットフォームを活用した「POOL PROJECT TOKYO」に取り組むことをお知らせします。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ